青い花 

こんばんは
また冷えてきました。
お風邪をお召しとのこと、その後いかがですか。

昨日の朝、私のところに、青い花が届きました。
空の奥の方の青色です。

届いたのは、小さな寄せ植えの木の箱でした。
濃いのと薄いの、小さいのとそうでないの。
それから、やわらかい色のツタが、少し。
小さい木の箱の中の空です。
よく見ていると、いろいろな青があって、それがまた空のようで、海のようです。

箱の中のものたちは、
いっぱいに伸びようとしていて、(明日の自分たちが嬉しくてたまらない)
笑いながらおしゃべりしていて、(それは今朝通った子犬のうわさだったり)
ときどきケンカもしていて、(狭いんだけどもうちょっと向こうに寄ってよとか)

いつか、ずいぶん前に、「青い花」という本を買った日のことを思い出します。
透明でありたいって、せつなく願っていたことがあったなあ。

手紙には「こちらは例年よりは少しあたたかな冬です。」とありました。
いつか行ってみたいと思っていた画材屋さんの便箋と封筒。
ちょうど切手を貼るあたりには、切手を貼ると隠れるように歌が書かれています。

大空の月の中より君来しや ひるも光りぬ夜も光りぬ

今の私は、あなたが、いつも、あたたかくて優しい風の吹くところにいられるといいなあって思っています。

あの本は、今も、ガラスの扉つきの本棚に入っています。

今ではもう、そんなことを願っているわけではないのに、
この青い花たちを見ている私の中に、あかるい透明が広がっていきます。



[2008/01/31 21:14] お友達 | TB(0) | CM(2)

ここさんこんばんはです~。
おかげさまで、ビールを飲んだらかなり元気になりました(笑)。

昨日、一昨日とかなりおちこんでおりましたのです。ここさんに寄せ植えをお送りしたことも、本当はだめなことだったのじゃないかって、悶絶したりなんかして。
だけれど、こちらで、ここさんに紡がれた言葉たちがとても素敵で、花たちがここさんに優しく手繰り寄せられているようで、ああ、良かったなあって、安心したり、感動したり。
ありがとうございます。

何故その花色だったのかと申しますと、春に気付かせてくれる色だとずっと思っていたからです。その淡いさびしげな花色が、ある日とつぜん華やいで、町が春の光に満ち溢れていることに気付く、そんな気がして。

そして、花はここさんの中で、物語のようにひろがっているということに、ただただ幸せを感じるのでした。

ここさんにも、透明で素敵な春が訪れますように。


[2008/02/02 01:38] まき衛門 [ 編集 ]

まき衛門さん、こんにちは。
改めて、かわいいお花、ありがとうございました。
実は私もこのところ、わけもなくなんとなく参っていて、元気が出せずにおりました。
まき衛門さんの寄せ植え、そういう私のところに届けられました。やさしくて本当の意味できれいで、楽しげな宇宙の配達です。すごいことでしょう。
そうだったそうだった。この花たちみたいに暮らせばいいんだった。忘れてた忘れてた。
私って、こうやっていつも誰かに助けていただけちゃうんですよね。この度は、まき衛門さんに、本当に助けていただきました。
ばっちり、この寄せ植えから春が来てます。
ありがとう。
これを読んで下さった方にも、楽しい春が来ますように。

[2008/02/02 18:53] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/240-0a058587