肘掛け椅子 

こんばんは
昨日からあちこちで雪が降ったというニュースが流れています。
こちらは、少しあたたかでした。

ふと気づいたのですが、昨日で、このブログを書き始めて1年になりました。
皆さま、今夜はいかがお過ごしでしょうか。

いつも、音もなく訪れて、様子を見ては、さりげなく励まして下さって、本当に心から感謝しています。
読んで下さる方があること、声を掛けていただくことに、こんなに支えられるものなのですね。
いつのまにか1年がたちました。
この場を通じて知ることになった方々があることも、とてもとても嬉しい出来事でした。
本当にありがとうございました。

毎日は同じような日々なのに、1年たってみると、私も、みなさまも少しずつ何かが変わっているような気がいたします。
いかがでしょうか。
1年前には想像もしていなかったことですが、今では、このブログが、私のかけがえのない居場所になりました。
ちょうど暮らしの中の肘掛け椅子のような。
静かでとても温かです。
みなさんもきっとそんな肘掛け椅子をお持ちなのでしょうね。
その椅子からの眺めを、ゆっくりとうかがってみたい気がいたします。

このブログは、1年前、親しい友人から勧められて始めました。
去年の今頃の私は、何かよく分からないものに焦っていて、そんなヒマはないような気がしていました。
でも、ふと、その友人が言うことに、自分を委せてみようという気が起こりました。

その時、ずっと以前に聞いた、職場の先輩のチヌさんの話を思い出しました。
「この人が白と言ったら、黒いものでも白だと言えるような、そういう関係があるんだよ。」

チヌさんは、お若い頃スポーツをされていて、その時のコーチの方かどなたかのお話だったように思います。
それを聞いた私は、そういうことが本当にあるのかって、あまり信じられませんでしたし、それをいい話だとも思えませんでした。
でも、チヌさんが私のためにしてくれたそのお話が、ひっかかるようにして心に残っていました。

自分の目で見て、自分で考えて、慎重に、かつ信念を持って行動すること。
でもそれがうまくいかなくなったとき、かたくなになってゆく自分を、どうしようもなくもてあますことがあったような気がします。

どうして勧めてくれているのかとか、私のことをどう思っているのかとか、そういうこと考えなくてもいい。
忙しいとか、出来ないとか、そういうことを考えるのもやめてみよう。
とにかく、そう言ってくれてる目の前の人を信じようかなって。

その友人や、チヌさんや、たくさんの人とつながるところに私がいること。
そこに身を置くことの、ふうっと息の抜けてゆくような柔らかさ。

みなさま、いつも本当にありがとうございます。
これから先も、こんな風に、私の知らないことがまだまだたくさんありそうな気がします。

とっても楽しみです。



[2008/01/19 23:49] 日記 | TB(0) | CM(16)

It's a fine day!

ブログ一年目、おめでとうございます。いい文章に出会えて楽しくなりました。東京は3日くらい前の深夜1時ごろ、ふわふわと雪が降ってきました。ちょうど高速をぶっ飛ばしてお客さんを運んでいたので、思わぬ雪を話題にお客とはしゃぎました。それからこっちの寒いこと。風とケンカしながら、早朝の住宅街を自転車で帰ってくる毎日です。
書くことで、また読むことで、おれ自身も何だか変わってきたって感じています。よいブロガーたちのお陰でもありますけど、年喰ったせいもあります? 

  (^|^;) クッ・・・!

新年以降、遊びまくったツケの穴埋めに仕事をがんばってるので、なかなかブログを更新できません。そろそろ、ライバル意識に点火しないと!

雪になりました

いつまでも愛読者さん、こんにちは
私も、失礼ながら、あなたが何となく変わってこられたなあって感じていました。ブログって不思議ですね。誰かが読んで下さるって、本当にありがたいことなんだなって思います。お仕事、大変そうですね。どうぞお気をつけくださいませ。
いつも励まして下さってありがとうございます。
[2008/01/20 16:35] ここ [ 編集 ]

もう一年!!おめでとうございます

おめでとうございます。
H19・2・17に初訪問させていただいてからこのお部屋の肘掛椅子が気持ちよくって毎日何度となくこのお部屋で遊ばせて貰っています。

ここさんブログで元気付けられることたびたびです。ありがとうございます。

[2008/01/20 18:39] ろしなんて [ 編集 ]

ありがとうございます

ろしなんてさん、こんばんは
いつのまにか、1年がたちました。
ろしなんてさんには、一番初めの、まだ慣れない頃から、いろいろ教えていただきました。
今ではいつも近くにいてくださっているような感じがしています。いろいろと不思議な御縁もありますし。
本当にありがとうございました。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
[2008/01/20 20:54] ここ [ 編集 ]

ここさんこんばんはです~。
おめでとうございます~。
ブログを始められて一周年とのことで、ああ、そうだなあって、昨年のことを思い出しました。
そして、今日のここさんの日記を拝見していて、ふと大好きな短歌を思い出しましたので、ご紹介させてください。
「人はみな馴れぬ齢を生きているユリカモメ飛ぶまるき曇天」
永田紅(こう)さんとおっしゃるお若い歌人の方が10代後半か20代前半くらいに詠まれた一首なのですが、初めてこの歌に出会ったとき、人の生きの頼めなさにくらくらして、同時になんと人は柔らかい生き物なのかと改めて思ったのでした。どんなに経験を重ねても、今日、この時間を過ごすのは初めてなんだという手探りな感じ。
もどかしくて上手く伝えられないのですが、ここさんならその何かを掬い取ってくださるだろうと思いつつのご紹介でございます。
これからもまた素敵な言葉の宝箱を楽しみに訪問させていただきます。
[2008/01/20 22:56] まき衛門 [ 編集 ]

まき衛門さん、こんばんは
まき衛門さんには、一番初めから、読んでいただいておりました。本当に一年間ありがとうございました。
佳い歌ですね。ご紹介下さってありがとうございます。
~どんなに経験を重ねても、今日、この時間を過ごすのは初めてなんだという手探りな感じ。~
そうですー。いつになってもなかなか手際よくうまく生きられない、失敗も多々、かっこ悪い。トホホなんだけど、まだ結構楽しめるとも言えるかな。
これからも、どうぞどうぞよろしくおつきあいお願いもうしあげます。深々とおじぎ(まき衛門さんのまね)
[2008/01/20 23:32] ここ [ 編集 ]

ここさん、こんばんは~!
ブログ記念日おめでとうございます!

そう、影の読み手として、こっそりここさんの
ところにお邪魔していたのに・・・・。
とうとう、正体をバラしてしまったぁ~~^^;。

なぜか、気になるんですよね。
言葉がキラキラ光って私の中で解けていく・・・。

また寄せてくださいね!
深々とおじぎ!(まき衛門さん流)
[2008/01/21 01:18] ねたの [ 編集 ]

ねたのさん、おはようございます。
嬉しいコメントをくださって、ありがとうございます。ねたのさんがお越し下さってることを知ってから、ああきっとこれも読んで下さるなって、思い浮かべています。
こちらでも山に少し雪が残っています。
[2008/01/21 09:18] ここ [ 編集 ]

雪掻き

昨夜から雪です
初めての大雪・・・かな。アプローチの雪掻きなどをしました。雪が降る前はとてつもなく冷え込みますが雪が降ってしまうと寒さは和らぎますね。

永田紅さんの
「人はみな馴れぬ齢を生きているユリカモメ飛ぶまるき曇天」    いいですね~~。
すぐに手帳に書き写しちゃいました。

まき衛門さんへも・・ありがとう。

[2008/01/21 13:03] ろしなんて [ 編集 ]

ろしなんてさん、こんばんは
今は雪、いかがでしょうか。
ろしなんてさんの手帳に、まき衛門さんご紹介の歌が書かれているのが、まるで私のお手柄のような気がいたします。嬉しいです。
[2008/01/21 20:54] ここ [ 編集 ]

ここさん再びこんばんはです~。そして、ろしなんてさん、ねたのさんこんばんはです~。

今夜こちらにおじゃまして、なんと「深々とおじぎ」返しをいただきまして、うれしはずかしでございます~。こちらこそ、本当によろしくお願いいたしますです。更に深々とおじぎ。

そしてろしなんてさん、私も、永田紅さんのお歌を書き留めてくださったこと、本当に嬉しいです~。ありがとうございます。深々とおじぎ。

こちらでのなんだか温か~な世界がゆるやかに優しくひろがっていて、ああ、しあわせ、でございます。
[2008/01/22 00:23] まき衛門 [ 編集 ]

またまたたのしみが・・・

こちら屋根にはまだおとといの雪がふんわり、たっぷりです。
まき衛門さんをこっそり訪問してきました。 でも今回は足跡は残さないように拭いて参りました^^。
ここさんのブログ訪問者ってユニークな方々の多いですこと!楽しみです
[2008/01/22 09:21] ろしなんて [ 編集 ]

でしょでしょ。
[2008/01/22 20:49] ここ [ 編集 ]

な、なんですって。
ろしなんてさんがお越しくださっていたとは…。
やばい、私のお馬鹿がばれた!!
いやいや、もともと丸バレですので隠すものは何もない。おほほほほ。

雪、積もっているのですね。当方はひたすらの雨でございます。温暖な地ですので雪ってちょっと憧れてしまいます。

今後ともよろしくお願いいたします~。深々とおじぎ。

ここさん、おじゃましました。また遊びにうかがいま~す。
[2008/01/23 00:24] まき衛門 [ 編集 ]

”ここさんの不思議森”

こちらを 訪れてまだ浅いのですが
ここさんの書き物はまるで
アリスの国に迷込んだように 不思議がいっぱいで いつも楽しみにしています
私は ”ここさんの不思議森”と勝手にイメージさせていただきました。
これからも ますますご活躍くださいね^^
[2008/01/23 17:20] 霧の香 [ 編集 ]

まき衛門さんのところにろしなんてさんがおでかけ。
なんだか楽しい物語が始まるときのような感じですねえ。

霧の香さん、ずっと前からいてくださっているような感じがしていました。
時々、あ、励ましてくださってるなってわかります。いつもありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[2008/01/23 20:46] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/232-05277524