留守番の夜 

こんばんは
空気が澄んでいるせいでしょうか、夜がきれいです。

今日、家の者は忘年会で珍しく留守でした。
夜になって宗教の人が来ました。

こんな寒い夜に、見知らぬ家を訪ねてまわっているのでしょうか。
見ると、娘が保育園の時、短い期間一緒だったお母さんでした。
彼女もびっくりしている様子でした。

彼女の話は、昔話に聞くような、普通の、いいお話でした。
彼女は宗教ではないと言っていました。
寒い中、玄関先に立って、一生懸命話してくれました。
彼女の後ろに星がきれいでした。

こうして一軒一軒まわることには、何かしくみがあるのかもしれません。
そんなことは邪推かもしれません。
ただやっぱり、この寒い晩に、彼女は無償の仕事をしているのだと思いました。

ジーンズ姿のその人の声が、私に、ただ、話をしてくれていました。
私にそういう話を聞かせるために、何か見えない御縁が働いて、この人がうちに来てくれたのかもしれないと思いました。

今夜は、ちょうど昔話のような、留守番の夜でした。



[2007/12/08 00:33] 日記 | TB(0) | CM(2)

気長に待っててね

何か見えないご縁があって・・・
優しく耳を傾けていらっしゃるここさん!なにかのしくみがあってもその人自身は真剣なのですよね。
滑り止め、いろいろの形をした可愛らしいのがみつかりません。通りすがりに可愛い!・・と見つけたものですからどこで求めたのかも覚えていなくて。またいつかありましたらゲットしま~~す。
[2007/12/09 11:51] ろしなんて [ 編集 ]

は~い、ろしなんてさん、
のんびり待つの、すごく得意です。
かわいいの、気長にお待ちしてまーす。
ありがとうございます。
そうなんです。位置のせいか家は本当にいろんな人が来ます。
「来る人もまた来る人も福の神」って、どっかのお店に貼ってありました。うろおぼえ。
[2007/12/09 20:57] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/214-dec2a3d2