パンダさんたち 

こんばんは
夜になってから、熱で休んだ近所の子に、担任の先生からのお手紙と連絡帳をもって行きました。
星がきれいでした。

娘の雑誌の写真記事「世界一美しい動物」「第9回 パンダ」より

写真① 4匹の子パンダ。
解説文:生まれてから10ヶ月ほどのパンダの子たちです。
     集まってリンゴやニンジンを食べています。

 3匹は並んで座って左上を見ています。
 爪をかんだり、手をもじもじさせたり。
 もう食べ終わったのでしょうか。
 一番右のだけ、仰向けに寝そべってニンジンを食べています。
 かなりふてぶてしい態度です。

写真② 木の遊具。高い方に6匹。低い方に4匹。
解説文:パンダの子にはそれぞれ気に入った場所があるようです。
     毎日同じところに同じパンダの子を見かけます。
  
 高い方の遊具。
 一番上のY字に一匹。
 その少し下に上を見て伸び上がってるの一匹。
 その下に丸くなってる一匹。踏まれてるって気づいてないのかな。
 そのお尻の後ろにもなぜか丸くなってる一匹。
 この丸まった二匹がいるのは中央の台状の部分。
 その床下に忍者のようにはりつく一匹。
 ずっと下の方に関係ないって顔の一匹。

 低い方の遊具。太い幹の木が途中で伐られた形。
 てっぺんにごしゃごしゃ4匹。

写真③ 子パンダのアップ。
解説文:目のまわりの黒い毛の模様にも違いがあります。
 
 一徹そうな顔をしていますが、よく見ると、ちょっと眠そう。

写真④ 木のてっぺんに座る大きなパンダ。
解説文:大人のジャイアントパンダです。くつろいでいます。 
 
 ちょうどいい角度で木の股にすがって座っています。
 半分おろした左手が世慣れた大人の感じを醸し出しています。
 首の下のたるみもけだるい感じです。
 でも、左足がついちょっと上がってしまって、やんちゃが隠しきれていません。



[2007/12/05 22:50] 未分類 | TB(0) | CM(4)

ここさんこんばんはです~。
す、素晴らしい。何と素晴らしい作品なのでしょう。パンダさんの魅力をあますところなく伝える名文です~。
おそらく本年度の「風の中の散歩」ベストテンにランクインする名作と申し上げたい豊かさでございます。とっても面白いです~。

ちなみにわたくし、幼少の頃かなりのたれ目でしたので、家族に「パンダ」と呼ばれておりました。
[2007/12/08 00:13] まき衛門 [ 編集 ]

まき衛門さん、こんばんはー。
これ、お気に召しましたか。まき衛門さんって、やっぱり面白いです。
嬉しいです。
[2007/12/08 00:43] ここ [ 編集 ]

ここさんこんばんはです~。
こんな作品を書く、ということは確信犯でなければできないと思うのです。ところが確信犯であることがわかってしまうような文章が一文でもあると、きっと読者はこの作品への集中力を失ってしまうことでしょう。でもこの作品はあやうい緊張感を最後まで保ち続けていて、最後にそれがふわっと解き放たれるのでした。すごいです~。
ある短歌誌の編集者の方に「自分が語るのではなく、作品に語らせなさい」と言われたことがありました。その言葉通りに表現された作品が、この「パンダさんたち」だと思うのでありました。
あ、すみません、ついつい熱くなってしまいました。でもこれはぜったいに名作なのであ~る。
[2007/12/08 21:40] まき衛門 [ 編集 ]

まき衛門さん、こんばんは。
なんだか、‘名作’という感じがしてきたぞ~。パンダさんたち、よくやった!まき衛門さん、ありがとう。

[2007/12/09 00:43] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/213-fdaf45d1