アドベントカレンダー 

おはようございます。
今日でもう11月が終わりです。
桜の葉がおおかた散って、向こうの畑の菊の花色が見えています。

昨夜、ふと思いついて、4、5年前に娘と折り紙で作ったアドベントカレンダーを出してみました。
クリスマスまで一日ずつのカレンダーです。
12月1日から一日ずつ、めくっていったり扉を開けていったりいたします。

娘と作ったのは扉のスタイル。
手間をかけて豪華に作ったと思ってたのに、出してみると案外あっさりしたものでした。

25の折り紙の扉が、ツリーの形に薄いグリーンの台紙に貼られています。
扉には、ハート型の赤い折り紙に、1から25までの数字。
扉を開くと中にポケットがついてて、そこに絵を描いて入れたり、写真をいれたりするようになっているのです。
開けて中を見たいけど、一日一つずつしか開けてはいけないカレンダーです。

今、娘は学校に行って家にいません。
お母さんの私は、こっそり開けてみることにしました。

1日は、きれいな花束の写真。
2日は、おみやげを持ったサンタさんの絵。
3日 折り紙の手裏剣
4日 ちょっとよくわからないお人形か何かの絵とシール
5日 広告のゴルフクラブの写真の切り抜き。パパの欲しいものなのでしょう。
6日 折り紙のあさがお
ケーキの絵、ツリーの絵、パパとママと自分の絵、携帯電話の広告の切り抜き、トナカイの絵、キャンドル、リボン…。

24日の扉は銀の折り紙で作ってあります。
開けると、紙の姉さん人形。黄色い着物に赤い帯をしています。
そういえば娘が3才の頃、おばあちゃまとよく作っていました。

一番上の25日は金の扉。
「メリークリスマス」
一字ずつマジックの色を変えて書いてありました。

アドベントカレンダーは、大学がミッションスクールだったので、いろいろ教えていただいたクリスマスの楽しみの中の一つです。
当時は今ほど世の中がクリスマスで騒がない時代でしたから、
下宿での一人暮らしには、何となくささやかな楽しみでした。

昨夜、この大きなカレンダーを広げて娘と一緒に見ました。
「これ、また貼ろうか」って言うと、娘は新しく作りたいと言っていました。
もう間に合わないと思います。

今年はこの幼いアドベントカレンダーを貼ることにしました。




[2007/11/30 10:12] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/208-e8c1bc0c