おばあさんは柴かりに 

こんばんは
今日は、ひねもす小春日和でした。

お花で野いばらを活けました。
活けながら、春に見た、たくさん野いばらが咲いていた場所を思いました。

キトリと一緒にそこまで歩いていきました。

春、そこは真っ白い野いばらの花にあふれていたから、
今度は赤い実でいっぱいだろうと想像していたのですけれど、
行ってみると、野いばらの赤い実は、隠れがちに、あちこちのぞいているのでした。

高い木は少なくて、草やつるの多いところです。
ススキがすっかり花を咲かせています。
キトリは勝手にあっちこっち行っては帰ってきています。

小さい実をつけたきれいなつる。
これは採って帰ってリースを作るとよさそうです。
木の枝が、足もとに時々落ちています。
だんだん愉快になってきました。
「おばあさんは柴かりに」って言いながら、きょろきょろ歩き回りました。

いつもは何とも思わないで通り過ぎる、どこにでもある笹竹の薮。
うわあ、きれい。
細っこい竹が、みんな幅の広い皮をつけています。
足もとにもいっぱい、きれいな竹の皮が落ちています。

「おばあさんは柴かりに」って、節をつけて歌いながら、
竹の皮を一枚ずつ竹からそっとはがして、袋に入れていきました。
10枚くらい取ったかなあ。
明日の娘のお弁当は、おにぎりに決定。
一個ずつ、この皮で包んで持たせましょう。
ちまきもいいかも。

どのくらい時間がたったのか、全然わからなくなりました。
なんだか長い時間ここにいたような感じがします。
私はもう、本当はおばあさんになっているのでした。

明日お弁当がいるはずの娘は、とうに大人になっていて、
子育てに追われています。

気がつくと私は、思っていたよりずいぶん明るい夕方の陽ざしの中に、
一人で立っているのでした。


[2007/11/17 18:38] 日記 | TB(0) | CM(2)

こんばんは!
 不思議な心地よさを感じる文ですね。


 竹の皮って今頃とれるんですねぇー・・・。
昨日、仕事でお年寄り達とお話していて昔、竹の皮で包んだおにぎりが、ほんとうにおいしかった・・・と思い出され、もう竹の皮って見かけないし、もしあったら、高級料亭のお弁当の広告ぐらいね!と話してました。
・・・いいですね!竹の皮で包まれたおにぎり!

[2007/11/17 20:08] あやこ3 [ 編集 ]

竹の皮

あやこ3さん、こんばんは
心地いいって意外。ありがとうございます。
竹の皮、すごくたくさんあって、つるつるしてきれいなので、もっとたくさんとって、いろんなことに使いたくなりました。でも情けないことに、おにぎりを包むくらいしか思い当たりませんでした。あやこ3さん、皆さま、他の使い方ご存じでしたらどうぞ教えてくださいね。
[2007/11/17 21:28] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/202-88cfc743