春の景色 

こんばんは
毎日あったかくて、もう本当に春!

今日、大学のキャンパスの広々した道を歩いているとき、
突然、春ってどんなだったか、思い出しました。

なんとなく、これからいいことありそう、というあの春の感じです。

小学校高学年の頃住んだ家の前に、幅3メートルくらいの、流れのはやい小川があって、川の向こうが車道、こちらが歩道になっていました。
私が思い出す春は、いつも、小学生の私がこの川のそばを歩いているところです。
きっと、ぼんやりしてても安心の道だったのでしょうね。

あなたが思い出す春は、どんなのでしょう。
そばにいて、そんなお話を聞いていたいです。



[2007/02/07 21:11] 思い出 | TB(0) | CM(2)

こんばんは。
ここさんの世界は言葉に信頼を置くことから生まれてくる心地よい世界で、その中に浸っていると、ほんわりと身体から嫌なものが抜けていきます。ほんとうに清らかな言葉たち。
今日、私も夜、運転しながら、「この感じは春だな」って思いました。暖かな薄闇の中で、まるで今から自分が生まれようとするような、静かで新鮮な高揚感にふいにつつまれたのでした。
あ、ここさんは俳句をなさるんですね。いつか作品を拝見してみたいです。
[2007/02/07 23:21] まき衛門 [ 編集 ]

まき衛門さん、こんばんは。
心から、ようこそいらっしゃました。
「静かで新鮮な高揚感」あ、そのとおりって思いました。春の感じ、ですよね。
私はうまく言えなかったので、ちょっと嬉しい。
実は、私たちは、正確に、ことばだけでつながっているのだということに、はじめて気づきました。
すごいことですね。
またどうぞ、お越し下さいませね。

[2007/02/08 21:22] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/18-be582d0d