夕食をともに 

おはようございます。
朝の気持ちのいい空気の中にいます。

昨日、素敵なお夕食に行ってきました。
住宅地の中にある、古い普通の家を作り替えたフランス料理のお店です。
いらしたことがおありかも知れません。

そこは、以前何度か行ったことがあるお店でした。
低い天井、黒い板張りの床。
店内に入ると、その頃のことが遠い夢であったように思い出されました。

お食事は、とても楽しい時間でした。
もう一人のお友達と三人、しみじみしたり、笑ったり、ちょっぴり議論したり。
先生の、真摯で、謙虚で、飾らないお話。
寄り道の多い私達の人生の、冒険的で、なんとなく愉快な、今までとこれから。
老後の話。
テーブルには小さなキャンドルが置かれていました。

先生もそのお友達も独身です。
その気ままさと心細さの入り交じった感じが、お二人の痩せて細い姿に重なって、はかなく感じられました。
所帯持ちの私の哀しみと、また別の哀しみ。
何が寄り道で、何がそうでないのか。
私達は、ずっとキャンドルに照らされていました。

歩き始めてからふと見ると、白い塀に、フランス語の店の名前が浮かんでいました。

いい夜でした。



[2007/09/04 10:30] お友達 | TB(0) | CM(6)

まき衛門さん、こんばんは
まき衛門さんのコメントに私が救われています。いつもありがとうございます。
いつか、お夕食ご一緒する日が来るといいなと夢見つつ。
[2007/09/04 22:06] ここ [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2007/09/05 16:17] - [ 編集 ]

ここさん、おはようございます。これから出かける前のNYのホテルからです。なんと、キーワード「ここ&ろしなんて」で開けました。びっくりです。ひらがなが打ちやすいので、ろしなんてさんのお名前を拝借しました。

「いい夜」のいいお話ですね。食事は、とくに夕食は、ゆっくりと楽しく、またしみじみがいいですね。キャンドルに照らされるお三人さまのほっそりとしたシルエットを思い浮かべながら拝読しました。そぎ落とすべきわが身のさまざまな贅肉を反省しながら。
[2007/09/05 22:40] ゆき [ 編集 ]

ゆきさん、こんばんは
NYはいかがですか。暑い日本よりは秋の風情でしょうか。そんな遠いところから、開いていただいて感激です。ゆきさんの、楽しい雰囲気が、今はNYの通りにあるのですね。
また面白い冒険談を楽しみにしています。実り多いご滞在になりますように。
[2007/09/05 23:28] ここ [ 編集 ]

ここさんこんばんはです~。
ここさんと一緒に夕食!素敵です~。それはいつか実現させたいです。あるいはまったりとお茶なども。ここさんて、お酒は大丈夫でしたでしょうか。
[2007/09/06 02:08] まき衛門 [ 編集 ]

まき衛門さん、こんにちは。
お夕食も、お茶も、現実とそうでないところの境目にあるような気がして、不思議な計画ですね。
お酒?ほほほ、少々たしなみますでございます。
[2007/09/06 11:25] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/165-2f2780ea