夏休みの宿題 

こんばんは
夜もすっかり更けました。

さっきまで、娘の夏休みの宿題の自由研究につきあっていました。
どうしてもやらなければいけない宿題というわけではないのに、
なぜかやると決めて、それなのにちっともできてなくて、
ぎりぎりになって、こんな夜までかかって、やっと何とか仕上げました。
明日娘は、それを持って学校に行くのです。

あなたの夏休みの宿題、全部終わりましたか?

私はまだ残っています。
世界史の新聞作り。
高3の夏以来、提出しないままです。

そういえば、あの夏、クラブで泊まった夜、みんなで宿題をしたのでした。
女の子は7人、輪になって、畳の上にそれぞれの宿題を広げて。
私は、苦手な化学の、薄っぺらい問題集の答を、みんな利枝さんに写させてもらいました。
化学は受験に要らない教科だったし、
利枝さんの答は、きっと全部合っているに違いないと思いました。

あのあとすぐに、自分でやればよかったかなあって思いました。
でも、もう答が全部書き込んであって、結局そのまま提出しました。
おしゃべりしながら宿題をしたあの夜のこと、みんなのこと、今でも懐かしく思い出します。

自分でやればよかったなあ。

そうだ、ちょっと遅くなったけど、やろうかな、新聞作り。
提出するところはもう、どこにもなくなってしまったけど。



[2007/09/03 03:22] 日記 | TB(0) | CM(5)

ここさんこんばんはです~。
こうして今日のここさんの言葉たちを拝見しておりますと、宿題があるってことは実はとても素敵なことなんじゃないかって思えるから不思議です。勉強はだいきらいなのに!
でも、大人の自由研究大会とか、工作大会みたいなのがあったら楽しいって、思いませんか?私が億万長者だったら、そういうことを主催したいです。大人がみんな子どもみたいに無邪気に取り組む時間に湯水のようにお金を使うのです。そしたらもっと世の中面白くなるんではないかと。
[2007/09/03 22:41] まき衛門 [ 編集 ]

まき衛門さん、こんばんは~
まき衛門さんのコメントを拝見しつつ、今度は私が考えました。
実はほとんどの大人は、すでに何かに無邪気に取り組んでいるのではないかって。
だって、やっぱりいくらお金を積まれても、やりたくないものは出来ないし。仕事、大変なんだよってつらそうに言いながら、やっぱりどこかで楽しいからやってるんじゃないかな、とか。けっこう夢中になってるんじゃないかなって。
ノー天気な考えですねえ。


[2007/09/03 22:57] ここ [ 編集 ]

本当に。多分こっそり無邪気に何かをやっておられる方はたくさんおられると思うのです。そこで、無邪気にこんなことをやっているということを宿題のように発表しあう、異種格闘技みたいな無邪気な場所があってもいいかなって夢想してしまっているのでした。
昨夜、ある事情で鳥のキャラクターを紙粘土でつくった母が、どこかに工作として提出したいと申しておりましたので…。
[2007/09/04 00:19] まき衛門 [ 編集 ]

まきえもんさん、こんにちは
やっぱり、芸術的なご一家だったのですね。
それに紙粘土って、いかにも夏休みの作品のような感じがしますよね。
工作、という語感も。
夏の終わりですね。
[2007/09/04 11:34] ここ [ 編集 ]

ここさんこんばんはです~。
あの…決して芸術的な工作ではないのでお恥ずかしいのですが…。
ただ、この時期でしたので、紙粘土を探して何軒かはしごしたそうです。「小学生との戦いだったよ」と申しておりました。
そして、今日の「夕食をともに」を拝見していて、今の私にここさんがいてくださって良かったなって、思いました。なんだか救われました。
[2007/09/04 20:17] まき衛門 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/164-0650ffd8