海水浴 

こんばんは
七月も今日で終わりです。

海に行きました。
泳ぐつもりではなかったのに、海を見るとやっぱり。
急遽着替えて海へ。
バッシャーン。
つめたーい。

平泳ぎで、沖へ向いてすすみます。
一緒に行った家族から離れて一人で泳ぎます。
水がだんだん冷たくなって、いい気持ちです。

大騒ぎしている娘や姪っ子が見えています。
砂浜に立てた濃い緑色のパラソルが風に揺らいでいます。

砂浜で、ごそごそっと着替えて泳いで、
終わったらシャワーなしで車の中で着替えて、帰りに温泉。
あんまり泳げなくても、こういうところだけは、海の子。

浜辺の砂の感触が、今も素足にじんと思い出されます。




[2007/07/31 23:33] 日記 | TB(0) | CM(5)

檸檬さんへ

こんにちは
ようこそおいで下さいました。
また、どうぞ遊びにいらしてくださいね。
[2007/08/01 07:10] ここ [ 編集 ]

犬掻きで~~す

家から紺色の水着をきて麦わら帽子にサンダル履きで。電気屋さんから右へ曲がって
柊の垣根のあるお屋敷を過ぎて四つ角の八百屋さんの前から国道を渡ってさらに踏み切りを渡ってやがて海です。夏休みは毎日姉や友達と・・・ツベルクリンが陽性になったから今年は無理をしちゃダメヨよ・・・なんて言葉を振り切って真っ黒になって泳いだ小学4年生のころ。
でも40年ほど泳いでないな~~。
[2007/08/01 16:54] ろしなんて [ 編集 ]

ろしなんてさん、こんばんは~
ろしなんてさんて、海の子でいらしたんですね~。偶然なのでしょうか、私も小4の時の海水浴が一番記憶に残っています。
で、帰ったら、スイカ食べてお昼寝ですよね。

[2007/08/01 20:25] ここ [ 編集 ]

濡れた水着も家に着くまでには殆んど乾いて
潮の吹いたような体を洗って着替えて、そーです、西瓜です・・・ほんとうに小学4年の頃ってなんでも覚えていて、そして何でも気がついていて、一人胸を痛めるようなことってありましたよね。人の悲しみもよくわかっていたような。「11歳の保育」っていいませんでしたかしら。この頃子供と係わるのがとても大事ですって。
[2007/08/01 20:43] - [ 編集 ]

退職、ほとんど自分のためだけの退職でしたけど、その点で言えば、少しは意味があったかなあ。

[2007/08/01 21:42] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/144-f2589488