星の夜 

こんばんは
今夜は曇りですね。

昨日のキトリのお散歩は、少し遅くなってから出かけました。
日の永いこのごろですから、薄暗くなってからのお散歩は久しぶりでした。
だあれもいない草の道を、キトリと二人、歩いて帰りました。
月見草が、足もとにたくさん咲いていました。
夕方になると空を向いて咲く、レモン色の小さな花。
この花の正しい名前を、何度聞いても忘れてしまって、今も月見草としか知らないままです。

日の暮れた草の道をゆく、私とキトリの足もとを、星のようにまばらに、不規則に、この花が照らしています。
この小さな花々に導かれて、私とキトリは進んでゆきます。

地を照らす、たくさんのレモン色の星。

家へ向かって歩くキトリと私は、いつのまにか空にいて、懐かしい景色を見下ろしながら、星空を歩んでいるのでした。






[2007/07/16 21:09] 日記 | TB(0) | CM(2)

江戸風鈴

先日、浅草ほうづき市に行ったからと、大きな箱に入ったほほづき籠が届きました。赤い金魚の絵がある風鈴も入っていました。さくらんぼの枝にぶらさげた長柄の籠。江風鈴が時折涼やかになります。デッキの木椅子で「極楽の余り風・・・」と呟きながら人頼みの四万六千日を楽しんでいるこのごろ・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
川原などで咲いている黄色いのは「オオマツヨイグサ」で明治になって入ってきたとか。
白い月見草はもっと古く江戸時代のようです
[2007/07/17 16:51] ろしなんて [ 編集 ]

ろしなんてさん、こんばんは。
ほおづき市、学生時代に一回行ったことがあります。
届いたほおづきが、ろしなんてさんのそばにあるのですね。浅草に出かけるのも良いけれど、それもまた風流でいいですね。夕暮れのせいか、しみじみしました。
[2007/07/17 20:48] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/133-68ccd2d2