映画を見に 

こんばんは
台風一過、今日の空は、記憶に残りそうな青でした。

映画を見に行きました。
結婚前にしばらく住んでいた町です。
人の気配のする町に住みたいと思って、選んだ町でした。

車を駐めて映画館まで歩きました。
喫茶店、質屋、洋裁屋、写真屋、金魚屋、呉服屋、肉屋。
休日のせいか、シャッターが閉まっている店がほとんどです。
いつもより澄んだ空気の中の陽ざしが、あんまり明るくて、全部が昔めいて見えます。
人影もなくて、とても静かです。
クリーニング屋のご主人の高い声、定食屋のやさしいご夫婦。
花屋だった所のテントが破れています。
冷たい話し方をする、きれいな奥さんのお店でした。

映画館は、以前はポルノ映画しかやっていなかった映画館でした。
今は、単館系の映画がかかります。
わずかなスペースのロビーに、ビニールの椅子とちゃちなテーブルが置かれています。
入り口からすぐに中の入り口。
昔ながらの小さなスクリーンが見えています。
座布団の置かれた座席。
壁にはしごが立てかけたままです。
「非常口」の小さなランプ。
隅っこにスツールが重ねられています。
お客はまばらでした。

映画が終わって、駐車場まで、私と夫は、陽ざしの中をゆっくり歩きました。
ガード下の、装飾過剰の小さいレストラン。
「あの店で、何か食べたことなかったっけ」
「ううん、ないよ。」

崩れてゆくような気配のするこの町。
あの頃し残した、言葉にならない何か。

私と夫は、何ひとつ変わらないようでいながら、すっかり変わってしまったこの町の様子に、気づかないふりをして、歩いてゆきました。

いつものように、当たり障りのない話をしながら。



[2007/07/15 22:05] 日記 | TB(0) | CM(7)

いいなあ

ご夫婦で昔の町をゆっくり歩く、
そういうのいいなぁ。
なんでもないようなことが幸せだったと思うのでした。(血涙)

[2007/07/16 15:17] ねむねこ [ 編集 ]

ねむねこさん、こんばんは
そうですね、こういう時間を大切にしてゆこうと思います。ありがとうございます。
[2007/07/16 20:12] ここ [ 編集 ]

ここさんこんばんは。
「崩れてゆく気配のするようなこの町
あの頃し残した、言葉にならない何か」
この2行で、すべての文が生きましたね。すごく素敵な毒をはらんで、切ないです。
[2007/07/16 20:44] まき衛門 [ 編集 ]

まき衛門さん、こんばんは。
いつもながらの確かなコメント、元気が出ます。ありがとうございました。
したことも、しなかったことも、何もかも背負ってゆかなければいけないのだなあ、なんて、このごろよくそう思うのでした。
[2007/07/16 21:17] ここ [ 編集 ]

崩れゆく町

うちはそういう町で、ちいさなお菓子屋をしてました。
売れ残りのお菓子の、賞味期限が書かれたシールを、家族総出で剥がしてたりする、そういうチンケな商店です。
商店街はどこもそんな店だったから、ある日突然現れたかのような大きなスーパーに消し飛ばされてしまいました。
ポルノ映画館は貸倉庫になっています。
そんな、閑古鳥の声しか聞こえない町ですが、寂しい悲しいとはあまり思えなくて、誰かと、誰でもいいから好きな誰かと、いつかぼんやり歩いてみたいのでした。

そういうこと思ったよ。

[2007/07/16 21:28] ねむねこ [ 編集 ]

ねむねこさん
いただいたコメント全体が、詩のようだと思いました。あまりにも切なくて、この先ずっと記憶に残りそうです。

[2007/07/16 23:29] ここ [ 編集 ]

(^_^;)

[2007/07/17 09:06] ねむねこ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/132-438bcafb