クロちゃん 

こんばんは
今は雨がやんでいます。

四日前、ご近所のクロちゃんが、亡くなったそうです。
何という種類か知りませんでしたが、
まっ黒で、毛がもじゃもじゃしてて、とにかく大きいワンちゃんでした。
「何て名前ですか」って聞いたら、「クロ」って言われて、
なるほど、と思ったのを覚えています。

考えてみたら、私たちがこの家に越して来た頃、飼い始められたのだと思います。
でも、もう十分な大きさでした。
一駅向こうの歯医者さんのところに、白黒ぶちの、同じような大型犬がいて、
兄弟だという話でした。
どちらも、あんまり大きいので、みんなが知っていました。
その兄弟は「ウッシー」という名前でした。
これもなるほど、と思いました。

クロちゃんは、朝4時になると、必ずウオーって声をあげていました。
それから、のっしのっしとお散歩に行くのが日課でした。
夏になると、毎日アイスクリームをもらっていました。

昨日の晴れ間に、クロちゃんがいた大きな大きな小屋が解体されました。

娘が、クロちゃんに乗りたいって言ってたけど、結局まだのっていません。
私だって乗りたかった。

もうすぐ夏。




[2007/07/06 23:23] 日記 | TB(0) | CM(3)

夏を予感した日

「私だって乗りたかった。 」

追憶と合掌の日。
犬に迷惑をかけなくてよかった日。
[2007/07/07 14:58] わど [ 編集 ]

わどさん、こんばんは
クロちゃんは、すごーくおっきいから、きっと乗っても大丈夫だったと思うんですけどねー。
[2007/07/08 00:21] ここ [ 編集 ]

かもちゃんさん、こんばんは。
そうなんです。やっぱりさびしいです。
またどうぞいらしてくださいね。
[2007/07/08 01:19] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/127-9997cf84