チベット 

こんにちは
風があるので、田の水や、草の穂が揺れています。
お隣のおばあちゃんの麦わら帽子が、畑の中に見えます。

下の方の田をつぶしたところに、家が数軒建ちました。
形は皆違うけれど、どの家も、赤茶色の屋根に白い壁。
地中海風のデザインです。

となると、あの向こうの道がエーゲ海でしょうか。
道の向こうの低い山や茂みはアフリカ大陸です。
ゲートボール場は、ヨーロッパあたり。
広いユーラシア大陸でつながって、ここはちょうどチベットくらいの位置です。
標高も高いし、世界が半分見渡せる場所です。

そうかあ、ここチベットなんだあ。
今も袋に入れたまま、扉つきの本棚にしまってあるチベットのおみやげ。
今になって、ようやくいろいろな情景が浮かんできます。

チベットまでの旅。
これを買うときの様子。
そしてこれを私に持って帰ってきてくれたということ。
その頃の私は、どうしてそうだったのか分からないけれど、いろんなことが、少しも想像できませんでした。
粗末な刺繍の小さい袋。
砂埃や、通じにくい言葉のやりとりや、私に届けようとしたたくさんの思い。

もうずいぶん時間がたってしまいましたね。
お元気ですか。
私は今、チベットに住んでいます。

太平洋は、青々と広がる田んぼと畑。





[2007/06/09 16:42] 日記 | TB(0) | CM(2)

こんにちは

どちらかというと、地中海よりは
チベットに住んでみたい気がします。

おみやげへの想いが、時間をかけて染みてくる
なんていうのもチベットらくていいなぁ・・・
なんて、チベットには行ったことがないkobaでした。
[2007/06/09 17:39] koba [ 編集 ]

kobaさん、こんにちは。
お久しぶりです。でも、ちょくちょく覗かせていただいているので、そんな感じもいたしませんけれど。
地中海風のお宅、住み心地はどうなのでしょう。チベットの家ってどんなのでしょう。
kobaさんからコメントいただいて、そんなことを考えました。
チベット、私も行ったことありません。
昔、河口慧海の『チベット旅行記』の文庫本を尊敬する職場の先輩にいただいたのが、あと一つのチベットとのご縁というだけです。
[2007/06/09 19:36] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/108-96d8f93f