オアシス 

こんにちは。
今日は、八月九日です。
曇りですが、ずっと蝉の声が聞こえています。
テレビの画面には、長崎の平和公園の様子が映っています。

子どもの頃は、8月6日の学校行事の折などに、
その日にだけ思い出して悲しむなんて、と思ったりしていました。
真面目で、へんてこりんな子どもですね。
恥ずかしくて、甘酸っぱいです。

季語には、忌日がたくさん含まれています。
「河童忌」 七月二十四日。芥川龍之介の忌日。
といった具合です。
俳句を始めた20代の頃、忌日ってたぶん大切なんだなあって、人ごとのように思った記憶があります。

今は、忌日はきっと、大人の気持ちのオアシスなのだと思っています。
たくさんのものと折れ合いをつけながら暮らす毎日。
いろんなものが、自分の傍をすごい早さで流れてゆきます。
そんな慌ただしい日々の中、
忌日は、忘れたくないものに、そっと思いを馳せながら過ごすひとときをくれます。

今の私の大切な忌日。
8月6日。
三重吉忌。
キトリの命日。
などなど。
並べてみると、これらの日付が、今の私の正直な姿を浮きぼりにしています。

人が勉強を重ね、年を重ねるにつれて、大切な忌日は増えていきます。
豊かなオアシスの緑。

あなたの大切になさっている忌日は、いつですか。





[2017/08/09 10:36] 日記 | トラックバック(-) | CM(2)