花の午後 

こんにちは。
花の午後でございます。

我が家のリビングの、大きな窓いっぱいに、桜が見えています。
写真を撮ってゆく家族、老人ホームの車いすの方、車を止めて見てゆく人。
時間が止まった世界にいるような、花のひとときです。

キトリが先月の3月13日で11歳になりました。
ゴールデンレトリバーの女の子です。
食いしん坊は相変わらず。
時々お散歩も面倒になってきたこの頃ですが、途中のおやつ用にと「いりこ」を用意すると、てきぱきした様子でついてきます。

先月の3月10日のこと、本当に突然でしたが、キトリが倒れてしまいました。
あまりに突然で、お医者様の仰ることが、全然わかりませんでした。
昨日まで元気に走り回っていたのに。

せめてお誕生日を迎えたかったと思って泣きました。
娘はお誕生日の飾りを作りました。

一進一退の病状に涙するうち、お誕生日が過ぎ、わけの分からないような一週間が過ぎました。
私は毎日福岡から帰って、一緒に夜を過ごしました。
キトリはだんだん元気になってきました。

おとぼけ者のキトリ。
自分が重病だっていうことに気がつかなかったのでしょうか。
キトリは、奇跡の復活を遂げたミラクル犬になりました。

今思えば、たまたま娘が帰省して家にいてくれて、ほんとうに幸いでした。
もう一度、お散歩しながら一緒につくし採りをしたいと思った私の願いも叶えられました。
私がつくしを採っている間、キトリは好みの泥をせっせと食べていました。

ちょっとよたよたしていますから、ご近所の皆さんに心配されますけれど、前より元気なくらいです。
どんどん歩いて、この間はパパとママと三人?で、山の冒険道を一周しました。

またこれでしばらくキトリと一緒に遊べるなって喜んでいましたのに、
4月2日、また倒れてしまいました。
大好きな動物病院の先生と看護婦さんから、最敬礼されながら見送られて、キトリは家に帰りました。

今日は4月5日です。
奇跡のミラクル犬キトリは、再び復活を遂げようとしています。
少しずつ、ご飯が食べられるようになりました。
食いしん坊って、だいじなことですね。

大学は今日、入学式ですが、お仕事をお休みすることにしました。
でも、明日はどうしても行かなければなりません。

今までそうだったように、キトリは明日、長い昼を、家族の帰りを待って一人で過ごします。
寂しがりやのキトリ。

今、キトリは私の足下で、うつらうつらしています。
私はいつもの席にいて、お裁縫です。
せっかくのお昼寝を起こさないように、目が覚めたらすぐに私が見えるように。

キトリ、ママここにいるよ。
だっこしようね。

開け放った窓から、時々花びらが舞い込んできて、キトリの近くに落ちています。



 犬笑ふ私笑ふ山笑ふ     ここ




[2016/04/05 15:41] 家族 | トラックバック(-) | CM(4)