忘年会2 歌カード 

忘年会にちなんで、もう一つ。

私が所属する学科の先生方は、皆さんちょっぴり恥ずかしがり屋です。
幹事団としては、おもてなしの気持ちを表現したいのですけれど、歌ったりなんて絶対出来ません。
それで、皆なですごく考えて、歌カードを作ることにしたしました。
ご参加のお一人ずつにそれぞれ一枚お渡しするのです。

忘年会が行われましたのは、福岡の奥座敷、二日市温泉の由緒あるお宿。
和風のお宿に、よく合っていたと思います。

歌カードは、美しいはがき大のカードにいたしました。
それぞれのご専門領域から、この日にちなんだ歌を選び、印刷。
会場は、1テーブル6人の円卓でしたので、カードは全部で6種類作りました。

私はと申しますと、なんと自作の歌にいたしました。
今日の日を言祝ぐ余興です。
皆さまから勧められて作ることになったのですが、ちょっと楽しくなりました。
記念にここに。


   永遠(とこしへ)のしらぬひ筑紫に湧くお湯は
              過ぎゆく川の礫(れき)の床より


〈歌意〉
永遠の筑紫の地に湧くこのお湯は、流れる川の底の石の間から湧いているのです。
筑紫の地にある本学の素晴らしさも、教職員と学生との日々の時間が、流れる川の河床の石のように積もった中から、自然に湧き出ているのだと思います。

〈歌の説明〉
二日市温泉は、もともと川の石の間から湧いていたのだそうです。
「しらぬひ」は「筑紫」の枕詞です。
今日の日にちなんで「と・し・わ・す・れ」の折句の遊びとして作ってみました。

                               」

「年忘れ」って、何だかいい言葉ですね。



[2015/12/06 15:25] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

忘年会1 アンケート 

こんにちは。
昨日は職場の忘年会でした。
今年の忘年会は、所属する学科が幹事の当番でした。
皆で頑張って準備をしました。
とっても楽しかったです。

忘年会では、景品のあたるクイズをいたします。
クイズの問題作成のためのアンケートにも一生懸命答えました。
備忘録としてここに。
もちろん、当日のクイズ問題で使われたのは、この中のほんの一部でした。



  忘年会を盛り上げるためご協力お願いいたします。気軽にお答えください。

 お名前(  ここ  )

1.現在の趣味とマイブーム

現在の趣味:手芸
 布と縫うことが好きです。得意なのは刺繍です。
 これまで手作りキットなどを使うのは邪道だと思ってバカにしてきましたが、この頃2か月に一回届くキット付き手芸雑誌3000円の定期購読者になりました。もう3回分来ましたが、まだ一つも作れていません。
 最近、結婚以来愛用のミシンが壊れ、アンティークの職業用ミシンを買いました。
機能は直線縫いだけです。
 そのミシンは、いろいろな意味で私に似ています。

 マイブーム:鳥です。
 なぜか鳥に心惹かれるようになりました。洋服や持ち物も鳥がついているとつい買ってしまいます。
「久留米鳥類センター」は、大型の鳥のもつ滑稽さと悲しみが園全体に表れていて、私にとって一つの聖地です。
本格バードウオッチングの手ほどきを受けたいと思っています。
          
2.好きな芸能人(グループも)
岡田准一さん 
(本当は伊勢谷友介さんがいいのですが、大学生の娘から、遊び人ぽいからやめなさいと言われて、岡田准一さんにしています。)

3.最近読んだ本・見た映画で面白かったもの
 本:千葉聡『今日の放課後、短歌部へ』。
作者の千葉聡さんは、桜丘高校の先生で、新進気鋭の歌人です。みんなから「ちばさと」と呼ばれている作者の、先生としての日常が短歌とともに描かれているエッセイです。高校教師の日常がリアルに描かれていて、スピード感があって楽しめました。
 映画:「めぐりあわせのお弁当」(インド映画) インドのお弁当配達をめぐって描かれる、リアルで奥行のある人間ドラマです。それにしてもこの映画で見たインドのお弁当箱を、学内で見たときはびっくりしました。(宗教教育センターのI先生)さすがと思いました。

4.大学生のころ、趣味とマイブーム
茶道:よく知らないまま厳しい先生についてしまって、勉強そっちのけで茶道に明け暮れていました。
台風の時も、早朝先生から「お釜をかけましたからいらっしゃいませ」と電話がかかり、暴風雨の中お稽古に行きました。
お茶のお稽古の後は、自転車に両手放しでいくらでも乗れることに気が付いて、それを楽しみに苦しいお稽古に通っていました。今考えると体幹がしっかりするせいだと思います。今では難しいお点前はほとんど忘れてしまいました。
バブル期の東京での女子大生生活でしたが、結局ディスコに行ったこともないまま終わりました。

マイブーム 新幹線のグリーン車に乗ることです。
ポイントがたまるとグリーン車に乗れるのです。出張で遠くに行くとき使います。

5.大学生のころの夢
特にこれといった夢も目標もなく、ぼんやりと生きていました。今と同じです。

6.その他
 友人の平均年齢が高いです。最高齢のお友達は、11月23日で95歳。今では主に文通のおつきあいです。
こんなに年が離れていても、やっぱり仲良し友達なのです。
お手紙の話題は、最近買ったかわいいものとか、愚痴(友達がみんな先に死んでいくとか、夫が生前誕生日を祝ってくれたことがなかったとか)など、同年代のお友達と変わりません。

  ご協力ありがとうございました。
                                   」

忘年会は、とても楽しく終了いたしました。
いよいよ、文字どおり、師走の日々に突入です(^.^)





[2015/12/06 15:07] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)