スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旅日記 盛岡 

こんにちは。
秋晴れのよいお天気の日が続いています。
いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

先週末、お仕事で盛岡に行ってきました。
盛岡は、緑が多くて、素敵な街です。
からりと乾いた気候のせいか、外国に来たような気がいたします。

訪れた岩手大学には、構内に農学部の広い植物園があって、
賢治も学んだという洋館を、大きな木々が静かに囲んでいました。
お昼休みには、池のほとりのベンチに腰掛けて、タクシーの運転手さんおすすめの「福田パン」を買っていただきました。

盛岡では、大学時代の友人に会う約束をして、楽しみにしておりました。
7、8年前に会って以来です。
その時は、二人で花巻の賢治ゆかりの地を車でめぐりました。
学生の頃は、のんびり朗らかでまあるいイメージだった彼女が、今はほっそりとしてとてもしっかりした感じ。
颯爽と運転する姿が、ちょっと意外で素敵でした。

今回はと申しますと、会うとさっそくあの時の続きのおしゃべりです。
お夕食をいただきながら、子ども達のその後のこと、友人達の消息、俳句のこと、夫や両親のこと、犬たちのこと、最近読んだ本のこと。
おしゃべりはつきません。

翌日、3時間ほど時間が出来たので、もう一度会うことに。
岩手県立美術館にまいりました。
舟越保武と松本峻介の作品が、帰ってきているということでした。
明るくて柔らかい手触りの石の壁が印象的な建物です。

雪の日の風景を描いた松本峻介の小さな絵の前に来た時、
「私が子どもの頃の盛岡って、雪の日は、ほんとにこんなだったの。」

一人っ子の彼女の、幸せな子ども時代のことを想像しました。
私が子どもの頃に知っていた街も、こんな風だった気がいたしました。
私が育ったのは、ほとんど雪が降らない街でしたのに。

時々そっと話してくれる作品についてのコメントは、控えめで、私に丁度よい内容でした。

「この山の稜線ね、父が入院している病院から見えるの。
今もやっぱりこんな風に田んぼがあって。」

入院して7年になられるお父様のところで、毎日1時間半を過ごすという彼女の日課。
お母様が亡くなられて3年近くでしょうか。

いつからか、館内にピアノの演奏が聞こえていました。
演奏はとても素晴らしくて、不思議なことに、少しも絵を見る妨げになりませんでした。
聞けば、夕方からのコンサートのリハーサルだということでした。

ピアノを聴くの、久しぶり。

彼女はピアノがとても上手だったことを思い出しました。
学生時代の彼女が、色々なコンサートに出かけていたことも。

この頃、ピアノ弾いてる?
ぜ~んぜん。

偶然こんなピアノコンサートが聴けて、
真面目にがんばってる私たちへのごほうびね~って、二人で自画自賛。

学生時代と全然変わらない。
朗らかで、無理なところが少しもない、やわらかい感じ。

いろんなことがあるはずの盛岡の暮らし。
それでも何だか幸せそうで、その風景は、からりと澄んだ空気を通して見える盛岡の景色みたいに、きれいで透明でした。

今度、ぜひ、福岡に遊びにいらしてね。
少しはご案内できるようになったと思うから。

私たちは、また近いうちに会う予定があるような様子で、別れました。

岩手大学の図書館前の桂の木が、すっかり黄葉しておりました。


スポンサーサイト

[2015/10/18 16:29] 旅日記 | トラックバック(-) | CM(0)

フライパン 

こんにちは。
本当に、ご無沙汰しております。
お元気でいらっしゃいましたでしょうか?
今日はまた特に秋らしい一日になりましたね。

今日、フライパンを買いました。
今まで使っていたフライパン、底の三角が一枚はがれてしまったのです。

電磁調理器用の重いフライパンでした。
今の家に来た時以来のですから、もう20年です。

20年って、案外あっという間ですね。
買った時のこともしっかり覚えていますし、保証書もあるんですよ。

テフロン加工でないので、焦げ付きがち。
とくまささんが、金たわしを買ってきてこすって下さったことも・・・。

今度はT-Falのにしました。
ほんとは外国製でない方がいいけれど、アイロンもT-Falにしてよかったし。
いつの間にか、すっかりお料理上手になった夫との共用です。

小さい方のフライパンは、日本製です。
黒くて重い鋳鉄のフライパン。
学生時代、自炊用に母が揃えてくれました。
これはまだ、びくともしなくて現役活躍中です。
お好み焼きやホットケーキが美味しくできます。

この頃少しだけお料理が上手になりました。
週の半分を福岡で過ごす生活になり、娘が大学のために家を出て、家族のためにお料理できる日が少なくなったこの頃になって。


小鳥来る戦前の書を置く窓辺       ここ




[2015/10/04 17:05] 日記 | トラックバック(-) | CM(6)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。