過ぎにし春に 

こんにちは。
夏になりました。
リビングの前の桜の木は、青々と葉が茂って、早くも夏の気配です。

いろんな鳥の声が聞こえます。
そうそう先日、朝方でしたか、桜の木の下に、キジが来ておりました。

ここにいると、世の中のことが、全然関係ないような気がして、とても幸せです。
もともと、世の中のこと、なんて無いのかもしれません。
季節だけが、確かにめぐっています。

少し前の、母からのメール。


 昨日はとても暖かくあつい位でしたのに、今日は少し肌寒い感じがします。
 うら庭の都わすれの花がいっせいに花開いて、それは可愛く綺麗です。
 我が家の小さい畑が、メダカのお宿とお花畑になりました。
 そのうちお野菜がプランターに植えられるかも

    プランター窮屈そうな夏野菜
                                        」


父のメダカは、ますます増えています。
植物を育てる才能を、みどりのゆびというそうですが、生きものを育てる才能のことは何ていうのでしょう。
緋メダカ、青メダカ、白メダカ(ふつうのメダカ)。
庭のあちこちに置かれた、いろいろな容れ物の中で、皆大いに生を謳歌しております。



父母の家にて朝の湯をつかふ都忘れの活けてあるなり

好物のおいなりさん六つお弁当父母に別るる辺りの夕暮        

新幹線座席番号書き留める乗る回数を数える往復

壇之浦浪の下にもさぶらふなる都の下を「さくら」号行く
                            

                                  ここ




[2015/05/08 14:34] 家族 | トラックバック(-) | CM(4)

甘くて苦いお話 

こんにちは。
連休、いかがお過ごしでいらっしゃいましたか。

我が家は、娘が大阪より帰省。
あたりがぱっと華やいだかと思うと、また嵐のように戻って行きました。

娘と言えば、ちょっと心配なことがありました。
昨秋から始めたケーキ屋さんのアルバイト。
初めこそ「モンブラン注文するやつ、帰ってよーし」なんて、電話口で元気に言っていたのです。
雑なところがある娘、繊細なケーキを扱うのは無理なんじゃないの?
みんなで笑い話にしていたはずでしたのに、
まもなく、休憩無しの長時間勤務や、担当者の執拗なだめ出しに、すっかりまいってしまっていました。

話を聞けば、どうやらこの頃評判のブラックバイトに違いありません。
一生懸命辞めなさいと言ってきかせても、なぜか辞めてはいけないと思い込んでいる様子。
一緒にアルバイトを始めたお友達のお母様と連絡を取り合って、ようやく二人とも辞めることが出来ました。

春休みに帰省したときには、本当にビックリ。
いつもの止まらないおしゃべりも、笑顔もありません。
ふっと涙ぐんだり、大好きなお洋服を買いに出かけても、あんまり欲しくなさそう。
ピンク色が大好きなおしゃれさんが、黒っぽい地味な服を着ているのです。

4月。
新学期の始まりです。
娘は、心配な様子のまま大学に戻ってゆきました。

5月。
ようやくのゴールデン・ウイーク。
オレンジ色のふわふわシフォンのスカートをはいた娘が、手を振りながら降りてきました。
広島駅に迎えに行った夫と私、何だか泣きそう。

若いっていいですね。
まだまだ完全回復とは言えないところもありますが、自分でも、またバレエを始めたり、いろいろ努力しているようです。

親は、ひたすら応援です。

さくらちゃん、がんばれ。





[2015/05/07 15:51] 家族 | トラックバック(-) | CM(2)