スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

先生を育てる 1 : 先生になるには 

こんにちは。
とってもご無沙汰申し上げております。
お元気でいらっしゃいましたでしょうか。

小春日和。
ちょっと温かい一日でした。

郵便が届いていないかななどと思って、外へ出てみると、玄関に、柿とおみかん。
イノシシの悪さがひどすぎるというのが、この頃この辺りのもっぱらの話題です。

今月に入ってから、地元の新聞の文化欄に、小さなエッセイを載せていただきました。
私の仕事の周辺について、ということでしたので、
「先生を育てる」という題で書きました。

全部で8回。
掲載は、先週終わりました。

保存をかねて、ここに。
まずは、一回目から。




 
 学校の先生は、いつ、どうやって先生になるのだろうか。

 まずは大学で教員免許を取り、首尾良く採用試験に合格すれば、次の春にはどこかの学校の教壇に立つ。
そうなれば先生である。
しかし、それではまだ一人前の先生とはいえない気がする。

教育学部以外の学部の学生も、中学・高校の教員免許を取ることができる。
これは専門分野の学びを活かそうという制度。
私は大学で、そのためのコースである教職課程の運営や教育に関する授業を行っている。
いわば先生を育てる仕事だ。

先生になる人は、大学でどんなことを学ぶべきなのだろう。

 近年、大学の教職課程での勉強が、教育現場で必要となる教師としての力量形成にうまくつながっていないらしいということで、教職課程に関する規定は、マイナーチェンジとも言うべき小さな改訂を繰り返している。
良い教師を育てる方法については、現在お国も模索中なのである。
当然私も模索中である。

 「学校の先生になりたい」という学生は多くて、相変わらず狭き門だ。
そのせいか、今の教職志望の学生は、学校ボランティアに出かけるなど、本当に熱心である。
よくよく考えてみれば、私は“でもしか教員”(今の学生さんはこんな言葉は当然ご存じない)だった。
何の覚悟も無く突入した学校世界。
あれから20余年、今では自分のことを、良くも悪くも“学校の先生”だと思っている。
                                      
                                        」    

                     2013.11.8掲載分


スポンサーサイト

[2013/11/26 17:28] 教育 | トラックバック(-) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。