スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

離陸 

おはようございます。
露草の青い花が、あちらこちらに咲いています。

9月10日、山下さんが亡くなられました。
92歳でした。

山下さんは、零戦の搭乗員として、母艦「瑞鶴」でご活躍の後、搭乗員の育成や、大戦末期には、新しい戦闘機のテストパイロットをなさっておられた方です。

11日に、最後のお別れに行ってきました。

毎年の、お盆とお正月の、親戚としてのご挨拶が出会いでした。
ご誠実なお人柄と、お話の確かさに惹かれて、毎年お訪ねしては、長くお話を伺うようになりました。

いつか文字に起こしてと思いながら、10年以上もの時間が経ちました。
お話は、常に、細かいところまで正確で、
いい加減なことは出来ないから、文字にしたら確認していただかなくては、などと、そういう日のことを想像しつつ、
結局、愚図の私は、いつものようにグズグズとしたまま、何も出来ず、とうとう今となりました。

グラマンとの一騎打ちのお話、大分の基地の様子、着艦の時のこと、強化食のこと。
いろんなお話を聴きましたが、まだまだうかがいたいことはたくさんありました。

私たちは、お盆やお正月のごちそうを前に、大抵は広い座敷に二人でした。
ご家族の方も、話がはずむようにと、ご遠慮下さっていたのだそうでした。

昔の方ですし、思ったことをそのまま口になさるような感じではありません。
それでも、私がうかがう頃になると、毎回ごそごそと準備などして下さっていたのだそうです。
春にスーパーで、義母に逢ったとき、「この頃は、あまり来られませんか」と、お声をかけて下さったそうです。

今年は、娘が受験で、お盆には帰省しませんでした。
少しお身体の具合がお悪いと聞いてはおりましたので、来週にもと思っていた矢先のことでした。

最後まで、意識もはっきりなさっておられたそうです。
お盆を過ぎて、お水と氷ばかりになられてからも、ずっと命をもたせておられたそうです。

私を待って下さっていたのではないか、
ひと目逢いたいと思って下さっていたのではないか。

11日は、一人でバスで行きました。
広島から松江への高速道路が出来てから、夫の里も、山下さんのあたりも、直通バスの経路を外れてしまい、とても不便になっていました。
でも、本当に来ようと思えば、乗り継ぎを探して、こうして来ることが出来たのにと思いました。

山下さんは、いつも通りの朗らかなお顔をしておられました。

無理をしてでも、お盆に帰ればよかった。
私は、ひと目、お逢いしたかったです。

年に2回。
最後まで、そういう間柄でした。

お通夜とご葬儀には、夫と義母が参りました。

山下さんは、あれほどの技術を持ちながら、終戦以降、一度も飛行機を操縦しないままでした。

10日も、11日も、よく晴れて、空のきれいな日でした。

毎年、お盆にはお宅の座敷から見えていた、お庭の赤いカンナの花が、今年も咲いていました。





スポンサーサイト

[2013/09/13 12:34] 山下さん | トラックバック(-) | CM(9)

自転車で 

こんにちは。
秋の風が吹いています。

今日は、自転車で出かけました。
娘の自転車、久しぶりの出番です。

自転車には不都合な谷あいの地域ですが、古い町筋は、川に沿っていて、
川に沿って移動している限り、それほどのアップダウンはありません。

まずは、小学校の手前の、支所に行きました。
写真館の前を通ります。
七五三とか入学とかのたびに、お世話になりました。

風が気持ちいいこと。
帽子は飛んでいってしまいそうなので、かごに入れました。

大きなトラックが通ると、ちょっと怖いです。
橋の両側の歩道の狭いこと。

今度は、銀行へ。
銀行は、川沿いの街道をずっと引き返した先にあります。
お好み焼きやさん、散髪屋さん、美容室の向こう、畳屋さんのとなりです。
途中、新しい家が建っていました。

また引き返して郵便局へ行きます。
郵便局は、家に近いあたりの、昔の橋のたもとです。

自転車の下で、川の音がしています。

あ、大事な振込用紙、忘れて来ちゃいました。

あ~あ、残念。

竹藪の横の坂道を、自転車を押して上ります。

続きはまた明日です。





[2013/09/09 17:14] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

我が家の郵便局 

こんにちは。
午後になって、ようやく雨が上がりました。

ご無沙汰申し上げております。
いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?

私は、先ほど、郵便配達の方がみえたので、今日の午後書いたお手紙を預けたところです。

我が家の郵便局は、リビングの一角の、小さな棚にあります。

郵便局の主な機能は、黄色い千代紙を貼った紙箱の中に集中しています。
 
切手 いろんな記念切手があります。
はがき
往復はがき
現金書留用の封筒

郵便番号枠のスタンプ。
これを押せば、すべての紙がハガキらしくなります。

速達のスタンプ。
郵便番号の上に押してくれるあれです。
本物の郵便局にあるものにそっくりですが、両側の赤い線のところが桜の模様になっています。

赤のスタンプ台。

郵便物の重さを吊して計れるとっても小さなバネばかり。
ポストマンの形をしていて、お気に入りです。

最後に、周辺に用意されている備品は以下のとおり。

レターパック
各種封筒。
古い年賀葉書や絵入り葉書 抽選など応募用。

郵便番号簿は、どこかへ行ってしまいました。






[2013/09/02 15:56] 日記 | トラックバック(-) | CM(3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。