スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

代用 

こんにちは。
いつの間にか、つくつくぼうしと秋の雲。
夏が終わってしまったのですね。

突然ですが、娘と二人、
「甘いものが食べた-い!!!」

どうしても食べたい。
それなのに、家中のどっこにもありません。

これは作るしかありません。
お台所をくるっと見回して、混ぜるだけ簡単、のバナナケーキを焼くことに。
娘が小さくて忙しい頃によく作っておりました。
懐かしいな。

簡単に、材料を確認します。
小麦粉よし、バターよし。
何とかなりそう。

早速取りかかりました。

混ぜるだけですから、順にボールに入れて混ぜていきます。
お砂糖が足りないのは、グラニュー糖で代用。
レモン汁、う~ん、オレンジじゃだめかな。

重曹 あれあれ?
無いなんて、思いも寄りませんでした。
そんなあ。ここまできて…。

どうしましょう。
何となく、かごの中のお掃除用の重曹の袋を取り出しました。
「食べ物ではありません」って、赤で大きく書いてあります。
その下に小さく「食品工場で生産したものではありません」。

袋を開けて中を見ました。
白くてさらさら、すごくきれいです。

炭酸水素ナトリウム。

中学校の時、理科の実験で使った白い粉が、お砂糖にあんまり似ていたので、ちょっとなめてみたら、舌がピリピリ。
ものすごく先生に叱られたこと、思い出しました。

それから、ずっと以前に、ハルビン育ちのおばあさんから聞いたお話を思い出しました。
戦後の物の無いときに、母親が、いろんな代用品でロシアのケーキを焼いてくれた。

私が、もし戦後の物の無い時のお母さんだったら、絶対これ、使うなあ。

材料が、ダメになるのは結局同じだし、とりあえず作ってみようっと。

オーブン200℃40分。
大成功。
ほかほかバナナケーキの焼き上がりです。

おそるおそる、ちょっと一口。
美味しい!

とりあえず、紅茶を入れて、娘を呼びます。

うわあ、美味しそう。
いやこれ、無い材料は代用品で作ったんだけどね。
いいよ、いいよ、食べようよ。
いいよね。

娘と二人、まずは一切れ、がつがつと、いただきました。

きゃあ、美味しい!!

あのね、レモン汁が無かったから、オレンジとかね。
お砂糖無くて、グラニュー糖少なめとかね。
それとね、あのね、
お掃除用の重曹、使っちゃった。

え~。
それ、食べる前に言ってほしかったなー。え~っ。
うん。ごめんね。

今さらですが、ネットで検索。
「重曹 掃除用 食用」

ありました。
どうやら、主たる違いは純度なのだそうです。

大丈夫みたいだね。
いいよね。
食べちゃえ食べちゃえ~。

結局、帰ってきた夫にも勧めて、家族三人、みんなですっかり平らげてしまいましたとさ。
おしまい。

あ、キトリもね。


*工業用重曹は、食用には使えません。




スポンサーサイト

[2013/08/22 15:47] 日記 | トラックバック(-) | CM(4)

仕事 

こんにちは。
ずっと蝉の声が聞こえています。

ジーンという蝉の声を聞いていると、外はこんなに晴れて明るいのに、
子どもの頃の、夏休みの終わりの、何だかとても切ない気持ちが、今もこみ上げてまります。

九州との行き帰り。
少し前から気がついていたのですけれど、
小倉駅のあたりから、晴れた日には、関門橋が見えます。
そして、その向こうには、私が家族と幼い日々をすごしたあたり。

ふるさとの山は、どうしてこう、すぐに見つかるのでしょう。
いつも見ていた場所からじゃなくて、
少し斜めとか、すごく遠くからとかなのに。

あれは、父が勤めていた会社の煙突。
当時は赤白に塗られていたけど、今は淡いブルーの濃淡になっています。
それでもあの煙突だとわかるのです。

この頃、遠くにあの煙突を見つけるたびに、父は、そこで仕事をしていたのだなあと思います。

あの煙突の下で、父が過ごした長い時間。

そういえば、何年か前に、古いことの調査をする方があった時に垣間見た、当時の仕事に関する父の詳細な記録。
わずかに熱を帯びた空間と時間が、そこに確かに存在していたのだと思いを馳せます。

もうすっかり人も入れ替わっているけれど、
あの場所で、父や周りのたくさんの方たちがしてきた仕事や時間は、今もあの煙突の下にあるような気がして、
娘の私は、小倉駅を通るたびに、新幹線の窓の中から、一生懸命に遠いところに目を凝らすのです。

それとも、もしかすると、
それらはみんな、今は家にいる父の中に静かに堆積して、
明るい私の里の風景を作っているのかもしれません。



関門橋霞みて遠しふるさとは明るく白きその海の果       ここ




[2013/08/17 10:25] 家族 | トラックバック(-) | CM(4)

山ごもり 

こんにちは。
お盆ですね。
いかがお過ごしでしょうか。

毎年、帰省でいろいろ慌ただしいお盆の一週間。
今年は夫だけが三日間の帰省です。
私は、受験生の娘(勉強するらしい)と共に、広島の自宅に残っています。

というわけで、たくさん食料を買い込んで、夫のいない(車が無い)三日間を山ごもり。
一番近いスーパー・マーケットまで、灼熱の坂道を歩いて20分近くかかる我が家なのです。

山ごもり、何だかワクワクしちゃうでしょう?


*山ごもり日記*


<8月13日>
朝ご飯のあと 夫が出発いたしました。
        行ってらっしゃーい。
        涼しいところで、お仕事も忘れて、きっとゆっくり出来ると思います。

お昼  ピザにしましょう!と思ったら、冷凍ピザの台が無い!
    → ピザ・トーストに。

おやつ 福砂屋のカステラ ← 大事にとっておいたら、賞味期限が来てる!
     メロン     ← 夫の里より

3時頃 お昼寝
     裏山にお散歩 山に入るとすごく涼しいのです。
     地面が熱いので、キトリはお留守番です。

お夕食 親子丼 焼魚(太刀魚) お味噌汁 ハムサラダ

夜   キトリお散歩(下の道)

夜中  前夜に引き続き、ペルセウス座流星群を見に。 
     二人ともねまきのまま、街灯がない上の畑のところまで。
     少し曇っていて、結局1つも見えず。
    (前夜は家の前の道で、私=流れ星4つ。 娘=1つ。)


<8月14日>
早朝  キトリのお散歩 キトリと二人で裏山に。
     娘はまだ起きてきません。

朝   パン サラダ スクランブルエッグ 
     ヨーグルト(大学院の時の先生からいただいたブルーベリーたくさん入り)
     牛乳無し(買い忘れて残念)

お昼 お好み焼き さあいただきましょうと思ったら、お好みソースが無い!
    → とんかつソースにお醤油を混ぜたら、お好みソースになった。大発見!

お昼のあとすぐ お昼寝

おやつ カステラ キトリに少しあげたら、
         目をキラキラさせて、私から離れなくなっちゃった!
     ミルクセーキ これもキトリさんの大好物です。
      ふふふ。ご近所の牛乳配達のお宅にお電話して、牛乳一本だけ配達してもらっちゃいました。
               
夕方  なんと、近くのスポーツセンターに、泳ぎに!
     私=25メートル×5往復(もう限界)。
     娘=7往復(まだまだ余力あり)。

夜   ステーキ お味噌汁 なすのポン酢和え

夜  キトリのお散歩 下の道の途中で引き返すことに。
    キトリは力が強いので、行きたくないと言い始めたら、ひっぱっても全然動きません。
    このごろ時々こうなります。


<8月15日>
朝   昨日と同じ ただしリクエストにより、カリカリ・ベーコン追加

お昼  スパゲティー ミートソースとなすとアスパラ

おやつ カステラ もう無くなってしまいました。
    メロン

さっきからずっと  さくらちゃんとキトリ 並んでお昼寝。




[2013/08/15 14:26] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

家 

おはようございます。
8月になりました。

娘は、いよいよ堂々の夏休み。
島根にいる姑のところへ、避暑がてら出かけていきました。
夫の里は、とても涼しいところなのです。

それにしても、娘は受験生ですのに、親に代わって親善大使をしてもらって、申し訳ない限りです。

夫が車で連れて参りましたので、私はキトリさんとお留守番です。
私は、普段も福岡で一人の時間を過ごしていますから、一人と言っても格別なことはありません。

と思っていたら、

結婚のお祝いにいただいた時計。
娘が小学校の時の自由研究の賞状。

食器、家具や本、ピアノ、お庭。

しんとしているのに、家族の暮らしに囲まれて、
なんとも賑やかな夜でした。




鳳仙花葬列もこの坂道を       ここ






[2013/08/04 11:00] 家族 | トラックバック(-) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。