スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

御礼 元気です 

こんにちは。
急に寒くなってまいりました。
でも今は、背中に陽があたって、ぽかぽか温かいです。

お元気でお過ごしでいらっしゃいますか?
私は、おかげさまで元気です。

祖母に、お元気?って尋ねると、決まって、

元気。年だから、こんなもんだと思うよ。

って言っていました。

元気との距離のとり方とでもいいましょうか。
自分をどのあたりに置くか、ということの、見きわめとか、意志とか。

祖母のたたずまいを思い出します。

ご報告と御礼を申し上げます。
私は、毎日の通院治療がようやく終わりました。
ご心配くださって、本当にありがとうございました。

毎日通いますので、だんだん皆さんと仲よくなって、治療のお仲間も出来ていました。
最後はお別れがお名残惜しい?ほどでした。

お仲間の中には、ちょうど91歳のお誕生日を迎えられる方もあったんですよ。
朗らかで、ご自分で何でもしゃきしゃきなさって。
ご一緒に、記念撮影。
二人とも、すごく笑ってて、いい写真です。

色とりどりになったシール帳を開いて、看護婦さんや、他のお仲間の方とも写真撮影。
まあ、少々浮かれすぎの私を、私がそばで見ているような気がいたしましたけれど。

何だか、ちょっとした旅行に行っていたみたいな、結構楽しい通院生活でした。

これで、ひとまず一段落です。
これからゆっくり、日常に、戻っていこうと思っています。

本当にありがとうございました。
お気持ちが届いてきて、とても温かうございました。

私ですか?
元気です。病後ですから、こんなもんです。(ふふふ。ホントはかなり元気です。)



スポンサーサイト

[2012/10/31 11:58] 日記 | トラックバック(-) | CM(4)

急いで帰る 2 

こんにちは。
さっきの続きです。

先ほどの、映画のワンシーンのようなタクシーの運転手さんのおかげさまで、
私は、遅れると思っていた新幹線に、運良く乗車することができました。

この新幹線は、広島駅で、4分で連絡の在来線があります。
しかし、もしその在来線に乗ろうと思うなら、広島駅構内激走必至です。

走ろうかな、どうしようかな、などとぼんやり思いつつ、車内でうとうと。

私は、そうは見えませんが、今も治療中の、言わば病人でございます。
その上お仕事の後ですから、少々くたびれております。

ああ、いつのまにか、もう到着間近のようです。

車内放送が、まもなく広島駅到着を知らせてきました。
私は、急ぐでもなく、デッキへ。

そこにダークスーツに身を包んだ、体格のよい男の人二人。
なんだか映画みたいな雰囲気の人たちです。

SPみたい。

彼らは、大きなキャリーバックを手にしています。
ふふ、亡命かな…。
新幹線には、いろんな人がいます。

到着です。
ドアが開きました。

すわっ。
なぜか、急いで降りました。

下りエスカレーターをトントンと駆け下ります。
慣れた様子で脇目もふらず、在来線の改札に向かって小走りですすみます。
ああ、貧乏性の私。
乗れるものなら乗りましょうというわけで、やっぱり急いでいます。

あ、亡命者の二人も、私と同じラインで急いでいる様子です。
同じ列車に乗ろうとしているのでしょう。

私は、早くも改札を抜けました。
目指す3番ホームまで、
いよいよ走り出しました。

予想どおりの激走広島駅。

亡命の二人も、私のすぐ後ろを走って追ってきます。
激走3人組です。

あれ?
もしかして、これって、いわくありげな女性(私)が、二人の屈強なSPを従えて走ってるの図?。
亡命者って、私だったのねー。

急げー。

走りながら、一体自分をいくつだと思っているの、とか、ゆっくり行動しなさいとか、そんな声が聞こえたような聞こえないような。
これって、ランニングハイ?

階段を駆け下りる3人。
すでに停車している在来線に、
飛び込む!

セーフ。

亡命成功…。

ゼイゼイはあはあ。

同じ車両の中に、少し距離をとりながらSPの二人。
お疲れさま。

単線2両編成の小さな亡命列車は、夜の中をがたごとと進んでゆきました。



[2012/10/22 10:53] 日記 | トラックバック(-) | CM(2)

急いで帰る 1 

おはようございます。
朝の曇り空が、ようやく晴れて明るくなってきました。

一昨日、福岡の部屋から帰ってきました。
その時乗ったタクシーでの出来事です。

私が、駅までとお願いしたとたん、

「お客さん、何時の列車?」
「調べてないのですが」
「じゃあこれで調べて」
「そうですね、18:09に乗れるといいな。」
「それなら何とか間に合わせましょう」

よっしゃとばかりに急発進。

細い道坂道順番抜かし駐車場横断遠回りその他、
私を乗せたタクシーは、結構なスピードで信号待ちも無く駆け抜けます。

料金は何と途中1000円のところでメーターをストップ。

「いいんですか。申し訳ないみたい。」
「いろんなとこ通って遠回りしちゃいましたからねえ。くねくね行くんで、時々気分が悪くなるお客さんもいるんですよ。」
(私もです…)

その甲斐あって、何と何と、10分前に駅に到着…。

「おかげさまで間に合いました。ありがとうございました。」

なぜかお礼を言って、降りる私なのでございました。




[2012/10/22 10:49] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

いい気持ち 

こんばんは。
3連休の真ん中です。

キトリさんは、今朝、パパにシャンプーをしてもらいました。
お天気もよく、風も吹いていましたから、ひなたぼっこで乾かします。

パパも、シャンプーしました。
お天気もよくて、風も吹いていましたから、そのあと長椅子でお昼寝しました。

さくらちゃんは、さっき、ママとお風呂に入って、シャンプーをしました。
ゼラニウムの匂いのシャンプーです。

ママも、シャンプーしました。
それから、お気に入りのしましまのおねまきを着ました。

みーんな、いい気持ちです。



[2012/10/07 23:51] 日記 | トラックバック(-) | CM(6)

今日はどれにする? 

こんにちは。
そろそろ稲刈りのシーズンも終わりに近いようです。

毎日真面目に病院に行っています。
実は楽しみがあるのです。

治療の始まる前に、「治療予定表」と書かれた、二つ折りのカードをいただきました。
開くと、右側は、9月・10月・11月のカレンダーです。
私の治療予定日のところが網掛けしてあります。
私専用のカードです。

シール帳!

そうです。
これに、毎日治療の度に、シールを貼ってゆきましょう。
楽しそうです。

早速看護婦さんに申し出ました。
年輩の看護婦さんのナカガキさんに、この素晴らしい思いつきを説明しましたが、どうやらピンと来ない感じでした。

そこで、翌日、シールを持って行きました。
ナカガキさん、見るなり「わ~かわいい!私が貼りたい!」

というわけで、シールは待合いに置かせていただいて、治療が終わるたびに貼ることになりました。

シールは、娘からもらいました。
星のとイチゴのは、光っていて、少しふくらんだシールです。
猫やひよこ、きのこなどのいろいろなのがある種類は、光っていないけど、桃の匂いがするシールです。
かわい過ぎて、使えなくて、とっていたものだそうです。

しばらくして、同じ治療の、シール仲間が出来ました。
何だかとても嬉しくなりました。
顔見知りになって、お互いの治療のことなど、お話することも。

担当の看護婦さんは、何人かいらっしゃいます。

今日はどれにする?

皆さん、一緒に楽しそうにシール貼りにつきあってくださいます。
若い看護婦さんのミヤタさん、

私も1枚もらってもいいですか?
どうぞどうぞ。

胸につけた名札の裏に、猫とウサギのシールを貼りました。

これで私も、ここさんの仲間ですネ。
他の看護婦も、みんな貼りたいと思いますよ。

ミヤタさん、ありがとう。
看護婦さんが、みなさんあんまりお優しいので、私は病院に来る度に、とても癒されています。
優しくされるっていいものですね。

だんだん色とりどりになってきた私の「治療予定表」。
この頃は、担当の技師の方々も一緒に、シール帳いえ「予定表」をのぞき込んでにっこり。
家族や親しい方にも、何回も見せてしまいます。

このごろ、また新しいお仲間が増えて、今は、三人になりました。

治療は、今ちょうど半分まで終わったところです。


[2012/10/06 14:57] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。