スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

公民館にて 

おはようございます。
雲が、遠くをゆっくり流れています。
秋らしくなって参りました。

先日、広島市のとある公民館にお招きいただき、小さな講演をしてまいりました。
若き日の高校赴任以来、ずっとお世話になっていました先輩の楽山先生から、お声をかけていただいたのです。
楽山先生とまた親しくお話出来るのが嬉しくて、喜んでお引き受けしました。

公民館辺りの地理に不案内な私。
なんと当日は、楽山先生がお車で、二人が以前勤めていた高校の前まで、迎えに来て下さいました。
昔の正門前のたたずまいに、息が止まりそうなほどの懐かしさがこみあげてきました。

長いご無沙汰の間が、ほとんどなかったかのように思われるうち、車は、会場の公民館に到着。

ところで、今日は、暑い8月末の平日の午後です。
文学講座と銘打っての会に、本当に誰かお見えになるのでしょうか。

そんな心配もよそに、開始予定時刻の20分以上前に、最初の方が入って来られました。

美しい白髪の女性です。
もしかすると、私の母よりも、少し年上でいらっしゃるかもしれません。

楽山先生が、懐かしいやわらかいお声をおかけになります。

お暑い中、ようこそいらっしゃいました。

楽しみにして参りました。

初対面らしいお二人が、穏やかに言葉を交わされています。

文学。
好きでしたけれども、貧しくて、勉強できませんでした。

ああ、楽山先生が、ご退職後に少しずつ種を蒔いてこられた地域での活動の意義とお力を、私は目の当たりにいたしました。

それにしても、ご婦人の上品なご様子からは、貧しかった日々がおありだったなんて、とても想像できません。

決して上手とは言えない私の話。
途中のご質問なども含めると、1時間半以上の長い間でした。

その間ずっと彼女は、まっすぐ身体を起こして、黒目がちな、くるっとした大きな目で、楽しそうにこちらを見て下さっていました。
そのご様子が、何だか学生さんたちと本当に同じです。
ご立派な方ですのに、何だかだんだんかわいい方だなあとさえ思えてまいります。

本当に文学が、勉強がお好きなのだなあと思いました。

私は、最後まで、私なりに一生懸命お話いたしました。

初秋の、公民館の、小さな文学講座。
お越し下さった方は、全部で15,6人でした。

私のような者の話を熱心に聴いてくださる方々とご一緒できて、
先輩の温かさに包まれて、

ふんわりと嬉しい、午後のひとときでございました。



スポンサーサイト

[2012/08/30 11:37] 日記 | トラックバック(-) | CM(3)

酔芙蓉 

こんにちは。
今年もお庭の酔芙蓉が咲き始めました。


朝  朝

正午 正午

午後4時 午後4時ごろ

翌朝 翌朝


食卓の、いつもの椅子に座ったまま、昼間の時間が過ぎていきます。




[2012/08/29 11:38] 日記 | トラックバック(-) | CM(2)

1回休み 

おはようございます。
厳しい残暑の中にも、あたりの景色は少しずつ秋めいてまいりました。
いかがお過ごしでいらっしゃいましたでしょうか。

私は先日、なんとまあ、入院・手術を経験してまいりました。
ちょうどお盆の間になります。

自覚症状皆無。
自分で入院の大荷物を持って、雨の中(雨女なのです)傘をさして、元気いっぱいの入院です。

手術への付き添い、無くてもいいですよと、先生も仰ってくださいましたけれど、夫と娘が来てくれました。
結局毎日お見舞いにも来てくれました。
もしかして私、家族に愛されているのかしらん。

病室の隣人は、私と同じ日に、私と同様の手術をした方でした。
年の頃も同じ。
彼女は、眠れない、食事が口に合わない、部屋が暑いと嘆き続けたあげく、私より3日も早く退院して行ってしまいました。
寂しい。

私はと申しますと、入院生活は思いの外の快適。
夜はぐっすり眠り、手作り感いっぱいの美味しいお食事。
その上お昼寝も大いばり。
消灯時間は10時です。
ね、何やら子供の頃の合宿か何かのような気がしてくるでしょう。

術後はあっという間の回復。
積年の疲れ?も次第に取れてきたたような気がいたします。

極楽満喫の入院生活。
すみません。

広島の家に戻ってみますと、玄関の鉢植えのラベンダーが、すっかり枯れてしまっていました。
ごめんね…。

何だか随分時間が経ったような感じがいたします。

おそるおそる家の中に入ります。

娘の受験の時の小さなだるまさんが、よそを向いています。
太字で書き込みがあるカレンダー。

自分の家なのに、何だか、よそよそしい感じです。

でも、考えてみますと、留守だったのは、たった一週間。
不思議です。


あれから数日たちました。

母が持たせてくれた、羊の形をしたお腹に保冷剤を入れる冷たい枕を小脇に抱えて、

ああ、ママはまだちょっと疲れやすいみたい…。

なんちゃって。

先だって確認済の愛情に、この際ちゃっかり便乗です。

まだまだ極楽生活は続きます。








[2012/08/23 09:53] 日記 | トラックバック(-) | CM(10)

夏の朝 

おはようございます。
この頃は、蝉の声で目が覚めます。
朝から空は真っ青です。

時々行く、産直市場に、野いちごのジャムが出ていました。
少し嬉しくなって、その小さな瓶を買って帰りました。

「野いちごジャム」とだけ書かれたラベル。
後ろには、出荷日と生産者のお名前が書かれた紙が貼られています。

ヨーグルトにのせて、いただきます。
野いちごの、小さな種の、ざらざらとした感触。

今、朝が来ました。




[2012/08/03 11:04] 日記 | トラックバック(-) | CM(4)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。