スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マシンガン・トーク 

こんばんは。
本日2回目の日記。


二階で勉強しているはずの娘、すぐに下りてきます。

ヒラ先生って、生活指導で、サッカー部の顧問で、こわーい先生なんだけどね。
それがうちの学校に娘がいるんよ。
聞いたときすごいびっくりでね、それでね。

ここから会話、突然実況中継に。

ヒラ先生の娘がこの学校にいるってー。
それ、絶対ネタにしか思えんじゃん。
いやガチだってば。

とか言って、チカと大笑いだったわあ。


このあいだ、ユカがさあ。

うちターゲット(英単語本のこと)全然見てないわあ。どうしよう。絶対0点だわ。あ、今の盛ったわ。ホントはちょっとは見た。たぶん0点ではないわ。あー、どうしよう。

ってユカ、ここまで一人でノンブレスでマシンガントークだからね。


じゃ、勉強してくるねー。




スポンサーサイト

[2012/06/30 21:20] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

梅雨の夜 

こんばんは。
今日は一日雨でした。

夜になりました。
夕食が終わりました。

期末試験前の娘は、先ほど二階に上がっていきました。
夫も、「寝る」と言って二階に上がっていきました。
私は、食卓のいつもの席に座っています。

我が家の食卓は、とても大きいです。
2メートル10センチあります。

今日の夜は、とても長いような気がいたします。





[2012/06/30 20:22] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

最新型エレベーター 

こんにちは。
薄曇り。

最近、新しいエレベーターがつきました。
嬉しくて、つい乗ってしまいます。

小さなエレベーターの中に一人。

「5」のボタン押します。
5階は、最上階です。
ボタンの上に、メッセージが出る青い画面があります。


「6月28日(木)」


「24時間遠隔管理されています。」

どうやら、私は24時間管理されているようです。


「除菌イオン」

今、除菌されたようです。


すると突然、エレベーターから女の声が。
「誤解です!」

心の中で思ったことも、悟られてしまうようです。




[2012/06/28 14:36] 日記 | トラックバック(-) | CM(2)

贈りもの 

こんばんは。
夕方から雨になりました。

昨日は、町中のお寺で、小さな小さな講演会がありました。
終わったあとで、お食事会にも出席いたしました。

ちょっと高揚した気持ちの帰り道。
駅の前で、声をかけられました。

せんせい!

見たことのあるお顔の、かわいい女の子です。

覚えてますか?あの高校の…。

私と来たら、全然思い出しません。
お顔は覚えてる。ごめんね、お名前は分からないなあ。

鍼灸師になったという彼女が名刺をくれて、一緒にいた彼も、爽やかにご挨拶してくれて。
しばらくお話いたしました。

そうだ、昨日博多駅で買ってきた「塩豆大福」がカバンに。
(今度は3つも!)

おいしいよ。

小さい子にお菓子をあげるみたいに紙袋を渡す私。
嬉しそうにしてくれる彼女。

本当に喜んでもらえるものだったかどうかは、わかりません。
ただ、差し上げた私だけは、とても嬉しくなりました。

そうそう思い出しました。
先生だった時も、ちょうどこんな風でした。
どうだか分からない贈りものを、毎日せっせとこしらえて。

土曜日の街は、人がたくさん。
この街に、私の教え子たちがたくさんたくさん。
きっと、みんなこんな風に、優しく、楽しく過ごしているのです。

街はすっかり夜です。




[2012/06/24 23:25] 日記 | トラックバック(-) | CM(4)

夏至 

おはようございます。
晴れ間が見えてきました。
朝まだきからの雨は、もう上がるようです。

いつもは階段を使って上がっているのに、今日は何となくエレベーターに乗りました。
あっという間に上に着きます。

エレベーターのおかげで、私の昼が、少しだけ長くなったような気がいたします。

おや、珍しいことに、下りもエレベーターに乗ってしまいました。

そうこうするうちに、私の昼は、どんどん長くなります。

今日は夏至。
いつまでも、夜が来ないかもしれません。



[2012/06/20 10:23] 日記 | トラックバック(-) | CM(2)

旅日記 鹿児島 

こんにちは。
福岡は、梅雨入り発表の後、雨がありません。

先週、鹿児島に行ってきました。
一泊二日の小さな旅のご報告です。

ご存知でしたか。
新幹線さくらの車内放送、博多を過ぎると、なんと韓国語と中国語が加わるんですよ。
車中、早くも旅の風情です。
しかし、あっという間に鹿児島中央駅に到着。
何となく残念?

旅人の私、ホテルの位置が少々わかりにくくて、地図を開きながら道を尋ねました。

さらさらの長い髪、今時高校生のお二人。

一緒に行きますよ。ヒマですから。

さっとカバンを持ち直して、エスカレーターから小雨の中へサクサクと。

ここをまっすぐですから。

親切にご案内くださったのに、お礼にできるものが何にもなくて、少々残念です。
あ、そうだ、新幹線でいただくつもりだった「塩豆大福」がありました。
一つしかありませんけれど、お二人で分けて召し上がって下さいね。

鹿児島中央駅は、長らく西鹿児島駅と言われていたターミナル駅です。
駅舎も、駅から見える風景も何もかもが、新しくてピカピカになっていました。
駅舎の上には観覧車。


翌日も小雨。

地面には、雨に流された灰が、ところどころにあつまって固まっています。
音に聞く桜島の灰は、とても粒子が細かくて真っ黒なものでした。
晴れると風に舞い上がって、それもまた大変なのだとホテルの方からうかがいました。

困りものの桜島の灰。
それなのに皆さん、雨のせいで桜島が見えなくてと、とても残念そうにおっしゃいます。
本当に、すぐ近くにあるはずの桜島は、全く見えないのでした。

午前中でお仕事終了。
午後のわずかな時間、鹿児島市立美術館へ向かいました。

バスを降りると目の前に、西郷さんの銅像。
見上げれば、背景の城山を抜くほどの大きさです。
洋装の西郷さんは、犬も連れず、雨に濡れておられました。

美術館は大きな建物で、その中でしばらく過ごしました。
とても居心地のいいところでした。

西南の役その他、戦火の激しかった鹿児島。
郷土作家の作品の収集への熱意と、そのままならなさが伝わって、かえって歴史が感じられました。

美術館を出て、近くのかごしま文学館にも足を運びます。

文学館二階の小さな展示室。
そこでも、ゆかりの作家が精一杯取り上げられていました。
改めて、鹿児島は、都から遠く離れた場所なのだと感じました。

林芙美子の旅行鞄。
海音寺潮五郎晩年の書斎。
島尾敏雄の妻であったミホのコート。

無骨で、不器用な人たちの、精いっぱいの生の匂い。


文学館を出ると、雨はやんでおりました。

歩道の脇などところどころに、土嚢のような袋が積まれています。
中身はどうやら黒い灰。
袋の表には、大きく「克灰袋」と書かれていました。

そろそろ、ピカピカの鹿児島中央駅に戻らなければなりません。
結局、桜島は見えないままになりました。

桜島を見に、もう一度来るかもしれません。



噴火してのちにひねもす灰降らせ困らせまとわりつき桜島     ここ



*おみやげに、白くまアイスを買いました。





[2012/06/14 14:32] 旅日記 | トラックバック(-) | CM(8)

三十年後の夜 

こんばんは。
福岡のお部屋のすぐそばに、一枚だけ田んぼが残っています。
今年はそこに水が入りました。
ちょっと楽しみです。

夫が、勤続三十年お祝いのお食事券をいただきました。

わあーい。
どこ行く、どこ行く?

使えるお店のリストをのぞき込みます。
高級店の名前が並んでいます。
うふふ、です。

毎日少しずつ使ったら、当分食費が節約できるよ、なんて、夫もちょっと嬉しそうです。

待ちきれない我が家、日曜日の夜、さっそくお食事に出かけました。
「酔心」に行きました。

お着物姿の仲居さん、茶碗蒸しの中の白花豆。
娘の文化祭の話。

私たちのいるあたりは、とても明るく照らされています。

最後はもちろん釜飯。
自分で小さなお茶碗によそっていただきます。


勤続三十年。
すごいです。



[2012/06/12 23:08] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

夏の庭 

こんにちは。
梅雨晴れ間。陽射しも強くなってきました。
休日、楽しんでいらっしゃいますか。

午前中、お花の苗を植えました。

あっという間に伸びてきた雑草を、一つずつ抜いていると、
おや、ところどころにマリーゴールドが芽を出しています。
あ、これは、サルビアかも知れません。
きっと去年の花のこぼれ種です。
チューリップを抜いたとき、土をすっかりひっくり返しましたのに。

フウセンカズラが芽を出しています。
ずっと以前、娘のさくらのために来て下さっていたトクマサさんが植えて下さったものです。

トクマサさん、さくらは大きくなりましたよ。

今年も律儀に我が家にやってきてくれた花たち。

これといった計画もなく、いろいろ買ってきてしまった苗を、律儀者たちの間に、適当にまばらに植えました。

そうだ、玄関前の鉢植えで弱っていた、去年からのブルーサルビアたちもこちらに移しましょう。
元気が出るかもしれません。

フェンス際に、朝顔の種も蒔くつもり。

我が家の小さな夏の庭。

寄せ集め、てんやわんやの夏のお庭になりそうです。



[2012/06/10 12:51] 日記 | トラックバック(-) | CM(2)

更衣 

おはようございます。
曇りです。
葉桜の緑が一層深く見えています。

夫と娘を送り出して、一息ついているところです。
今日のお弁当は、ご近所のタケモトさんからいただいたブンドウで、豆ご飯。
おいしいぞ。

タケモトさんのご自宅裏の田に水が入って、一気にカエルどもの声がやかましくなりました。
ここがいつも一番最後の田植えです。
長い田植えの時期もあと少しです。

家の裏では、十薬の白い花が次々に咲き始めました。
ちょうど、夕暮れの街に灯が灯てゆく時みたいに。

昨日の夕方は、3人と一匹(つまり全員)で裏山にお散歩。
山のあちこちに、卯の花の白が、浮かぶように見えていました。

黄色、紫色と、野辺の花にも色の流行があるのではないかしらん。
今は、きっと白です。

学校は、六月一日から更衣。
さっき、白いブラウスの娘が、坂を下りていきました。





[2012/06/04 08:03] 日記 | トラックバック(-) | CM(4)

山あじさい 

6月になりました。
落ち着いて過ごすのによい月だと思います。

母よりメール。




お庭に小さくて可憐な山あじさいが沢山咲きました。
とても過ごしやすい良いお天気です。

中々冬ものが、片づけられませんでしたが、やっと普段着はお家クリーニングして、何とか片付いております。
毎年のことながら脚立に登ったり降りたりしていて、もしかして未だ若いのではと錯覚したりしています。

それでも細々とうちの中のことをしていますと、いつの間にか、時間だけが過ぎてしまっています。
何となく楽しみながらぼんやりもしているのでしょう。
幸せなことですね。

パパは今、文化会館に絵を観にいかれました。
之もまた楽しみなことで御座いましょう。

貴女様も梅雨の来る前に少しずつ入れ替えなさいませんか。
楽しゅうございますよ。

くれぐれも無理はしませんようにねーーー

                             」



[2012/06/01 16:13] 家族 | トラックバック(-) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。