スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

備忘録 2010・年の瀬 

こんばんは。
夕方から雪になりました。
明日は雪の大晦日になりそうです。

いよいよ年の瀬。
皆さまは、どのように一年の終わりの日々をお過ごしでしょう。
それぞれに、温かいお部屋で、お忙しくなさっておられることと想像しております。

今年の年の瀬の記録の代わりに、この一週間で、私がいただいたものを書いておくことにいたしました。


まずは「筆ぐるめ」の不調を見て下さったパソコンの修理屋さんの、イケメンのお兄さんから。

何もしていないので、お金はいいです。

目の前のテーブルには、大きく「相談料 980円」也。
さっきまで泣きそうだったはずが、ホッと一安心。
喜んでお支払い申し上げたい気持ちでしたのに、ほほほ。

年末の福引きで2等賞!
3000円のお買い物券、大当たりー!!
くじ運の悪い私、初めての快挙です。
これで今年の運は全部使い果たしたかもしれないと思うと、3000円でもちょっと惜しいような気がしてくるとは欲ばりな。

キトリのお散歩道。
美しい菊の畑を作られている老ご夫婦を時々お見かけいたします。
野良着を着ていても何となく上品な奥さん。
だけどご主人は少しいかめしくて、犬嫌いです。

菊、よかったら持っていってください。
お父さん、黄色いのも採ってあげて。
私ら守らんといけん墓がたくさんあるんでねえ、こうして花を作っとるんですよ。

いかめしそうなご主人から、黄色い可憐な菊の花を手渡されました。

お友達のiyotoさんご夫妻から。
弟さんが作られたという長い長いごぼうとにんじん。1メートルはあります。
大きな干し柿3つ。
立派なお正月のお花。

iyotoさんの一人娘のお嬢さんは来春ご結婚です。
いつもお嬢さんと3人のご家族のご様子が、将来の我が家と重なって思えます。
そして、過ぎた日々の、父母と私を見るような気もいたします。
春はいつも、サビシウレシイものですね。

私は、今年初めて、クリスマスカードというものを送りました。
そうしたら、今日、お返事のお葉書。

「 生まれてより九十年、クリスマスカードをもらったのはこれが初めて。
  赤い丸印を押したら、カード一面に小さな灯がともって、これ又びっくり。
  子供のように嬉しく、一晩中、消したりつけたり、
  夜中にも起きて、つけて喜びました。
  いいクリスマスでした。       」

私も嬉しくなって、何度も何度も読み返しました。

夕方、ご近所の竹本さんからお餅。

小さい子が丸めたのもあるけえ、形はどうかわからんけど。

新聞紙に包まれて、よもぎ餅やあん餅もありました。
そういえば、娘が竹本のおじいちゃんに作ってもらった竹馬、そろそろお孫さんにちょうどいいかもしれません。

昨日の夜は、昔の教え子達との忘年会。
珍しいことに、図書委員会の委員さんたちの集まりです。
優しくて穏やかな子どもたち。
もう立派な社会人です。
いつも誘ってくれてありがとう。

少し前に杣人さんに教えていただいた沢木耕太郎『深夜特急』。
仲良しの図書館の司書の方が、入れておきましたよって人づてに。
早速6巻みんな借りてきました。
この忙しいのに、読み始めたら、もう引き込まれています。

そういえば、今夏読んだ、中村安希『インパラの朝』も、ユーラシア大陸を一人で旅するお話でした。
これも読書家の友人グールドさんからのご紹介。
この先心に残ることになりそうな一冊でした。

今年は本との出会いに恵まれていました。
本の向こうにおられる方との出会いに恵まれていたのでした。

今日は一日おせち作り。
明日、夫の里に持って帰ります。
きんとんのお芋はミサワホームの嶋田さんから。

笑っちゃうほど最後まで、ひたすらいただいてばかりの一年が、今年もこうして終わろうとしています。

夕方から雪になりました。
明日は雪の大晦日になりそうです。


皆さま、今年一年、ありがとうございました。
どうぞ、よいお年をお迎えくださいますよう。



スポンサーサイト

[2010/12/31 00:23] 日記 | トラックバック(-) | CM(10)

Merry Christmas 

こんばんは。
日暮れてから、風花が舞っています。

クリスマスのこの日、
あなたにいいことがありますように。


贈りもの世に満ちみちて聖夜かな  ここ





[2010/12/25 00:17] 日記 | トラックバック(-) | CM(8)

柚子の木 

こんばんは。
冬の空気は、冷たくて、とても気持ちがいいですね。
木の間から、青い青い空が見えました。

母から柚子が送られてきました。

箱いっぱいの、金色の柚子の実。

実家の裏庭には、柚子の木があります。

母の里のお台所の裏手にも、見上げるような柚の大木がありました。

お庭に柚の木があるって、とても便利ですよね。
早速、柚子ネード(柚子はちみつのこと)を作っていただきました。

私もいつか、この家の庭の片隅に、柚子の木を植えるような気がいたします。



[2010/12/23 23:14] 日記 | トラックバック(-) | CM(2)

神さまの贈りもの 

こんばんは。
12月ですね。
ちょっとだけ風は冷たいけれど、いいお天気の一日でした。

午後から、娘と一緒に街にお買い物に行きました。
娘の靴を買うためです。
来週の、親戚の結婚式のための、ちょっとよそ行きの靴です。

10代の女の子の、ちょっとよそ行きの靴とかお洋服。
実際に歩いてみると、本当に少ないことに驚きました。
なかなか気に入るのが見つからなくて、デパートや、いろんなお店をたくさん歩きました。

好奇心いっぱい、上に向かって伸びていきたい気持ちいっぱいの、まっすぐな時期の子どもたち。
大人の私たちは、そんな紳士と淑女のための素敵な機会を、もっとたくさん作ってあげなきゃです。

日もすっかり暮れてから、ようやく満足のできる靴を買うことが出来ました。
細いストラップのついた、黒い革のくつです。
お店から、毎年のクリスマスプレゼントということで、立派なくまさんのぬいぐるみをいただきました。

もじゃもじゃっ毛のくまさん。
靴と同じくらいの大きさです。
足の裏には2010という刺繍。
娘は大喜びです。

くまさんは、私にとっても、とても嬉しい贈りものでした。
娘のくまさんですのに、なぜかって?
それはね…。
今日の楽しいお買いものの記念のような気がするから。

娘とお買いもの。
どうしてこんなに楽しいのかな。

神さまからの贈りもの。


[2010/12/12 23:12] 日記 | トラックバック(-) | CM(12)

昼の国・夜の国 

こんにちは。
今日も暖かい一日になりそうです。

キトリとお散歩。
今日は、二人でクヌギの落ち葉をしゃかしゃか踏み歩いてゆきます。
落ち葉踏みは楽しいね、キトちゃん。

おやおや、このあたりにはまんまる団栗がいっぱいのはずなのに、全然ありません。
そういえばこのごろ、この辺りのお散歩道は、いたる所に膝丈ほどの柵が施されて、行き止まりが多くなりました。

そう、猪垣です。

キトリと私は、時々引き返すことになります。
この崖下の野球練習場にも、夜になると、大勢のイノシシがやって来ているのでしょう。

目を凝らせば、
薮に向かってぽっかりあいたけもの道。
水辺に下りた草の踏み跡。
畦や休耕田に広がる掘り返し跡。

これほど掘り返すんだから、30頭くらいかな。
このあたり全体の、あちこちの連を集めると、50頭かな。
もしかすると100頭かも。

この地区に住む人間と、どっちが多いか分かりません。

きっと夜になると、この辺りに住むイノシシたちがみんな、あそこにもここにも。
夜の闇の中を、家族連れ、仲間連れで、みんなどっと出てきて、裏山の大きい道なんて、本通りみたいになっているかも。
せっせせっせと仕事をしたり、おしゃべりしたり、ウリちゃんたちを遊ばせたり。

このごろ、ずいぶん日が短くなりました。
うかうかしてると日が暮れてしまいます。
日が暮れてから裏山に上がると、道に出ている気の早いのに遭遇します。

夕方の、逢魔が時。

私たちは、お互い無言で離れます。

今日もこのあたりは、のんびりした小春日和。
人も少なくて、静かです。



[2010/12/01 10:58] 日記 | トラックバック(-) | CM(6)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。