スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

尾道にて 

こんばんは
家の前の大きな桜が、あと少しで満開です。

先日、とうとう、念願の「マルタのやさしい刺繍」見てきました。
近くで公開された時、ちょうど論文に追われて行けなかったので、尾道まで足を伸ばして、ようやくです。

映画は、80歳のマルタが、ランジェリーショップを開くという若いころの夢を実現させるという、分かりやすいストーリーです。
マルタは、友人たちの協力を得て、いろんな障害を乗り越えます。
スイスの美しい村や街並み。
最後は結局、マルタの夢の実現を、村の人全体が喜んでいました。

映画は、想像したよりもやや暗いトーンで描かれていました。

批判する村人、友人、息子。
友人の家族問題。
ホームに暮らす友人の孤独。

映画は、まあまあでした。

上映館の「シネマ尾道」は、いかにも手作りの映画館で、温かでした。
たくさんのボランティアの人たちが力を貸したそうです。
見終わって、この映画を見たいという願いが叶った幸せが、じんわりとありました。

尾道は、何年かぶり。
坂と家々はそのままでしたが、 駅前はすっかりきれいになっていました。

ずいぶん昔、大切な人とこの街を歩いたときのことを思い出しました。
ふらっと入った小さいお店で、お酒を飲んだような気がします。
新しい魚を肴に、いくら飲んでもそんなに高くない、そういうお店が何軒もありそうな、そんな駅前でした。

きれいになった駅前を歩きながら、変わっていくのは仕方ないことだなあって、諦めている私を見つけました。
ただ映画を見るために、尾道までやって来たことが自分でも珍しくて、
あまり変わらない向島の風景と、海の風がとても気持ちのいい午後でした。

太宰治の小説の冒頭を、ふと思い出しました。

「  ことしの正月、よそから着物を一反もらった。お年玉としてである。着物の布地は麻であった。鼠色のこまかい縞目が織りこめられていた。これは夏に着る着物であろう。夏まで生きていようと思った。  」
     
海の風を受けながら、マルタのランジェリーショップは、実現してもしなくてもいい小さな夢の一つだったのではないかと思いました。



スポンサーサイト

[2009/03/29 21:35] 日記 | トラックバック(-) | CM(6)

桜の季節に 

こんばんは
花冷えの晩です。

大好きなお花の先生が、四月でおけいこをお辞めになるそうです。
突然のお話で、ビックリしました。

ご主人とお二人、伝道師になられるのだそうです。
先生のご一家は、敬虔なクリスチャンなのです。
私は、伝道師がどのような仕事をする人なのか、存じません。
うかがったのは、長い間打ち込んでこられたお花を、さっぱりお辞めになるということと、
遠くで、教会の活動をされるということだけでした。

先生、おめでとうって言わなくてはいけませんね。
ご自分で決めた道に進まれるのですから。

私はちょっとさびしくなります。
お花も面白くなり始めたところでしたし。
何より、先生とのおしゃべりがとても好きでした。

運転しながらぼんやりと、人を本当に動かしているのは、何なのだろうと考えました。
車の後ろには、娘を乗せていました。

今日、たまたま、大きな会社勤めをやめて、職人の世界に入った女性の話を耳にしたところでした。
そういえば、仲の良かった友人も、会社を辞めることにしたそうです。
私も、三年前、仕事を辞めて、学生になりました。

いつのまにか、私は娘を乗せて出かけることが日常になっています。
目的に向かっているようでもあり、流されているようでもあり。

桜もいつの間にか五分咲き。

先生、おめでとうございます。




[2009/03/25 22:45] 日記 | トラックバック(-) | CM(2)

修了式 

こんにちは
桜が三分咲きです。
いいお天気でした。

今日は、大学院の修了式でした。
両親に買ってもらったスーツを着て、
初めの職場から転勤する時、皆さんからいただいた真珠のブローチをつけて行きました。

学位記が、初めからちょっと立派な学位記ばさみに入って渡されたこととか、
学科全体の先生方と記念撮影があったりとか、
そういう小さいことに、ちょっと感動しました。

一緒に勉強した、私より一回り以上も若い友人達。
前向きで、力に溢れていて、心優しくて、不器用で。

私は大人だから、みんなのことをうんと分かってあげて、いっぱい相談にのってあげたいと思う。
みんなを励まして、一緒に研究をがんばれるような雰囲気を作りたい。

そう思ってきたけど、実際は、私が相談にのってもらったりしていました。
若い人はやっぱり不器用なものなんだなあ、などと思いながら、実際は、自分の方がうんと情けない。

若い友人達は、いつも前向きで、力に溢れていて、繊細です。
だから、へこたれていると、気がついて、必ず励ましてくれます。
大人の私は、結局何一つしてあげられないまま。

今日は、いろいろな人におめでとうって言ってもらって、それがとても嬉しくて、
子どものようにはしゃいで過ごしました。

夜になって、そのことに気づいたら恥ずかしくて、ちょっと気持ちがへこみました。
あ~あ、いつになったら。

今日は修了式でした。



[2009/03/24 00:45] 日記 | トラックバック(-) | CM(4)

白木蓮 

こんにちは
今日は雨です。
のんびりした気持ちで過ごしています。

今日は日曜日ですけれど、みんな出かけてしまって一人です。
リビングの窓から、すぐ近くに満開の白木蓮と、庭の雪柳。
目の前は白い花でいっぱいです。

久しぶりに母からメール。

「 
  この道筋の家の白木蓮が満開でとても綺麗です。
  あなたと東京に下宿を探しに行った時が丁度今時分だったのですね。
  東京の白木蓮がどこも咲いていて綺麗だったのを、今も想い出します。
                                              」
 
私は今でも、ちょっと何か落ち込むことがあったりすると、母に電話をかけます。
母は、人生を通じて強運の人で、これまでの私たち家族の幸せは、母の強運によるものだと家族みんなが信じています。
電話で母の声を聞くと、くよくよしていたのも忘れて、何だかこっちに運が向いてきたという気がしてくるから不思議です。

白木蓮。

そういえばあの時、下宿を探して、二人でずいぶん歩きました。
そんなことあったなあ。
すっかり忘れていました。
考えてみたら、私が高校を卒業した年、母は今の私の年くらいなのでした。
私には、その日の木蓮の花の記憶はありません。

母にとっては、あの時が初めての東京でした。
不動産屋さんを訪ねて、下宿を探したりすることも、初めての経験であったと思います。
 
がんばったんだね、ママ。

よく思い出せば、私たちの家族も、いいことばっかりではありませんでした。

そういえばねえ、大学卒業した年って私、ツイてなかったよね。
絶対あの時天誅殺だったと思うよ。そう思わない?

あら、そうだった?
でも結局は良かったじゃない。
ママは全然そんなこと思ってもなかったけど。

えっ、そうなの。

別々の場所に咲いた、白い木蓮の花。
今、リビングから見ている花が、母の住む近くでも咲いていること、
母が私の年の頃にも、同じように咲いていたこと。

物語りとは、そこにある物にまつわる思いを語ることなのでしょう。
見えている物の向こうにある、見えないいろいろ。

白い木蓮の花のおかげで、あの時母が、どれほど一生懸命であったかということが、何十年もたって、同じ年頃になった私の中に届いています。

母の強運。
その強運も、母が必死で作ってきたものなのだろうと感じます。
自分が母親になってみると、そんな気もするのでした。


 「 
   そうそう、一昨日川土手に土筆が沢山出ていたので、
   パパと一緒にハンカチ一杯に包んで帰りました。
   すぐに湯がいて卵とじにしていただきました。
   すごーく美味しかったですよ。
   
   残りは今日お菓子にしました。
   今度のお茶の時に使ってみょうと頑張ってみましたが、
   思った程にはうまく出来なくてがっかりです。
   
   あなたも、土筆召し上がっていらっしやるようですね。 
   夜も更けましたので又にしましょう。
 
   おやすみなさい。」


東京では今ごろ、あの白い木蓮の花が咲いているかも知れません。






[2009/03/22 13:21] 日記 | トラックバック(-) | CM(4)

誘導する 

こんばんは
庭の雪柳が、いつのまにか真っ白になって揺れています。
桜の開花ももうすぐですね。

桜餅が簡単にできるというレシピを見つけました。
スーパーマーケットのレシピカードです。
うす紅色の桜餅の写真がとてもきれい。

持って帰って、さりげなくテーブルの上に置いておきました。

すると案の定、帰宅した夫がじっと見ています。

次の日、材料のうち、桜の葉以外を買ってテーブルの上に置いておきました。

するとその夜になって、夫が「桜の葉を買ってきて」と言いました。

また次の日、桜の葉を買ってテーブルの上に置いておきました。

今日帰ってみたら、不格好な桜餅が6つ、テーブルの上に並んでいました。





[2009/03/21 01:07] 日記 | トラックバック(-) | CM(2)

もの忘れ 

こんにちは
いろんな鳥の声が聞こえます。

昔よく知っていた人の句集を、人から借りました。
その人のたたずまいが、今ここにあるように思い出されて、
ふっと話しかけるような気持ちになりました。

うっかりものの私は、短い間にも、いろいろな人に出会っては、たくさんの心残りを積み上げています。
そのひとつひとつに、言い訳をして歩きたいようなことばかり。

ところがです。
うっかりものの私は、何も言えないでいるうちに、何て言いたかったのか、すっかり忘れてしまいます。
そして、言わなければならないことがあったという、その記憶だけが、いつまでも残っているのです。

そして、今日のような春のある日、
うっかりものの私は、その人ではない人に向かって、やっとこさ言います。

また、桜が咲きますね。



[2009/03/18 11:07] 日記 | トラックバック(-) | CM(4)

春を食す 

こんにちは
さくらんぼのなる桜の木、今が満開です。

夕方のお散歩の時、ちょっと目についたつくしを採って帰ります。
一昨日も昨日も。
少ないので、たいがい、お味噌汁の具になります。

この間から、何度か菜の花をいただきました。

今日はめかぶもいただきました。

春のものを食べると、春の元気がもらえるのよ。
もったいつけて娘に話して聞かせました。

ほんとはね、

春が来て、
うれしくて、
お腹に入れちゃいましょ。


[2009/03/16 12:05] 日記 | トラックバック(-) | CM(4)

甘いもの恋しい 

こんにちは
絵に描いたような、春の日曜日です。

こんなに陽射しが明るくて、のんびりした午後は、
やっぱりケーキ。

思いついちゃうと、もう、頭の中はケーキでいっぱい。

ふふふ。
この辺りは田舎ですが、実は近くにおいしいケーキ屋さんがあるのです。
そこはいつもお客さんでいっぱいです。

いちごやみかん、ベリーの色とりどりのショーケース。
焼き菓子の詰め合わせ。
かわいい包装の箱。

昨日はホワイトデーでしたね。
実はもう、前倒しで、先日母と一緒に、父からということにして、喫茶店で大きなケーキをいただいちゃいました。
夫にあげたチョコレートは、娘と私でほとんど食べちゃったし。
状況的に期待薄。

次の仕事が決まっていません。
とりあえず、論文書き上げることを目標にしてたから、予定どおりなんだけど、
何だか、気持ちがすかすかです。

就職活動、始めなくちゃなあ。
花粉症のせいか、春愁というものか、何となく気が抜けて、ぼんやりの毎日。

甘いもの恋しい。


[2009/03/15 17:55] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

訪問販売 

こんにちは
いいお天気ですね。

私の家には、訪問販売のセールスマンの方が、よくやってきます。
日中家にいるからそう思うのかも知れません。

さっきこられたのは、屋根につける太陽電池の販売の方。

奥さん、花粉症ですか?
この辺りの花粉、すごいですねえ。私、薬飲んでるんですけど、こうですよ。
やっぱり、そうですか。

こういうのもね、ほら、地球温暖化とか、関係あるんですよ。
ちょっとずつ、こうして取り組んで、意識を見せていくのも大切なんですよ。

太陽電池、興味ないです。よく来られるんですよ、セールスに。
でしょうね、ここ、陽当たりがいいし。
温暖化って騒いで、ちょっと眉唾だと思ってるから、買わないですよ。

奥さん、よくご存じですね。実はそれも一理あるんですよ。
世の中、お金儲けのためとか、悪いやつの都合で回ってるんです。
塗装と、太陽電池とオール電化。今、この3つです。

その3つがどうなんですか?
多いんですよ。ミシンとか、布団とか、訪問販売イクオール悪ってことで、規制で訪問販売ができなくなっちゃって。

訪問販売の技術を持った人が、その3つに流れてきてるってこと?
じゃあ、その商品に惚れ込んで、勧めてるわけじゃないんですね。
そうですよ。そういう人、うまいんですよ、ほんとに。

ところで奥さん、ここに住んで何年くらい?
10年ちょっとかな。
じゃあ、もう塗装一回したの?
してないですよ。
10年過ぎてるんですか。

最後に、も一回。
10年。今だと、これ、10年くらいで元が取れますよ。
いいです。10年たつと、全部変わってると思うから。子どもも大きくなるし。

そうですね、その通りです。
はい、分かりました。どうも、おじゃましました。


実に弁舌爽やか。
感じがよくて誠実そう。
きっと、塗装のセールスも関わったことがおありなのね。
途中何回か、話題を作って、いろいろな方向から試してみてましたね。

引き際も鮮やか。
プロ中のプロという感じの方でした。

お仕事、お疲れさまです。


[2009/03/12 14:22] 日記 | トラックバック(-) | CM(4)

いくつになっても 

こんばんは
月がとてもきれいです。

昨日一日、母と一緒にお買い物をしました。
両親が、修了のお祝いに洋服を買ってあげるといってくれたのです。

母が、朝から新幹線で来てくれて、二人で一日デパートを歩き回りました。

なかなかいいね。
さっき方がよかったね。
こういうのもいいんじゃない。

ずいぶん以前、娘の頃そうしていたみたいに。
おしゃべりしたり、笑ったりしながら、くたびれるのも忘れて。

こんな年になって、洋服を買ってもらうなんて、ちょっと照れるな。
そういう年になってるからこそ、よく頑張ったって、パパがずいぶん感心して。

大学卒業の時も、スーツを作ってくれたよね。
洋服屋さんに家に来てもらって、寸法を測ってもらった時のこと、今も覚えてる。
修士の時は、ネックレス。
あの時はもう、娘もいたのに。

いくつになっても、いつまでたっても。


結局、夕方近くまでかかって、ようやく決めることができました。

ありがとう。
何よりの贈り物でした。

少し光沢のある織り地の紺のスーツ。
昔とちっとも変わってない、甘えんぼの娘になって、ママと一緒にお買い物の一日。



[2009/03/11 23:20] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

気に入ってくれるかな 

こんばんは
木の根元や畑の横に、諸葛菜が少しずつ咲いています。

娘の体操服袋が、ようやくでき上がりました。
娘の好きなピンク色の無地の布に、娘のイニシャルを刺繍しました。
イニシャルを、小花と葉っぱでくるりと囲んだ、素敵な図案です。
娘は、刺しあがったのを見て、袋に出来あがる前から喜んでくれました。

薄い生地でしたので、裏地をつけました。

裏地には、濃いピンク色に小花模様のかわいい布が用意してあったのですけれど、
娘の希望を入れて、明るいピンク色の小さな水玉模様の布に。

思っていたより、随分明るい雰囲気になりました。
きっと気に入ってくれると思います。
 090310_0853~0001



思えば、娘が保育園の時に作ってあげたおけいこ袋。
すごい力作でした。

お気に入りの絵本の絵を、刺繍とアップリケしたのです。
『3びきのくま』
並んで歩く3びきのくまや、森の絵がとても個性的で、私も娘も大好きな絵本でした。

お父さんぐま、お母さんぐま、小ぐまの3びきが暮らす家に、女の子が入り込みます。
留守の家で女の子は、小ぐまのスープを飲んでしまって、小ぐまの椅子で遊んでこわし、小ぐまのベッドで眠ってしまいます。
最後は、小ぐまが気がつきますが、女の子はにげちゃうというお話。

どのページの絵も、とても素敵でした。
どの部分を手提げにするか、随分悩んだのを覚えています。

アップリケのまわりは、絵本のとおり、きれいな木の実や枝を刺繍しました。
出来上がりにも、とても満足しました。

でも、娘はその手提げ、あんまり気に入ってくれませんでした。
すごく頑張って作ったのに、どうしてなのか、わかりませんでした。

今、その手提げを見ると、どうして気に入ってくれなかったのか、すぐに分かります。

アップリケの絵は、壊れたゆり椅子。
裏がわには、小さく、空になった青いスープ皿とスプーン。

くまたちも、おんなのこも、森に行ったっきりなのでした。



[2009/03/09 22:10] 日記 | トラックバック(-) | CM(4)

沖縄から 

こんばんは
キトリが入り込んだ山の道に、やさしい色のスミレを見つけました。

昨日、映画を見に行きました。
沖縄の離島での、おだやかな恋の物語でした。

今日、小さな用事の帰り道、
信号待ちでふと見ると、
前の車が、沖縄ナンバーです。

どうやら、沖縄からの風が、我が家に吹いてきているみたいです。

紺色と青のあいだくらいの、青い色の車。
沖縄の海の色かもしれません。




[2009/03/09 21:18] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

ビタースイート 

こんばんは
今日は「啓蟄」。
私は、どこかから、這い出したかな。

今日は、仲良しのdreamさんとランチ。
dreamさんは、先週、お嬢さんの結婚式でした。
結婚式の話ってやっぱり楽しい。

ところで、あなたは何着たの?

留袖のつもりだったけど、結局ドレス。
お相手のお母様が洋服にしましょうって、連絡して来られたから。

別に合わせなくてもよかったんじゃない?
私だったら合わせるの、ちょっと嫌かも。

そうなんだけど、娘のこと考えたら、まあ、言われたとおりにしようかなって思って。
あなただって、娘のためだと思ったら、我慢しちゃうでしょ。

うん。

dreamさん、お疲れさま。

私の年齢、dreamさんとお嬢さんのちょうど間くらいかな。
お嬢さんはきっと、お母さんのあなたが、少しでも嫌な思いをなさったなら、それが哀しいことでしょう。

結婚式の思い出は、
やっぱりちょっと苦い。


[2009/03/05 23:52] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

おはよう 

おはようございます。
昨日、お散歩で、つくしを見つけました。
今年の第一陣だと思ったので、採らないで残してきました。


昨日、クローバーの葉っぱを、洗面所の鏡の前に活けました。

夜の歯みがきの時には、あんなに元気だった葉っぱが、みんな閉じてしまっていました。

朝の歯みがきの時、葉っぱがみんな、いっぱいに開いていました。

おはよう!




[2009/03/05 06:49] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

堕落への階梯 

こんにちは
雪になりました。

さっき、裏へ出ようと思ったら、庭用の木のサンダルが雪に濡れていました。

このまま履いたら靴下が濡れてしまいます。
あなたなら、どうなさいますか。

正直に告白しましょう。
私は一瞬、迷ったのです。

①靴下を脱いで、裸足でサンダルを履く。
②裸足は冷たいので、靴下のままサンダルを履いて、あとで靴下を履き替える。

私の迷いを、もし母が聞いたら歎くと思います。
私の両親は、迷わず①を選択するでしょう。
そして私もそのように育てたつもりでいるはずですから。

お母様、私は堕落したのです。
それは、

③靴下のままサンダルを履いて、そのまま濡れた靴下で過ごす

のような人を夫にしてしまったからです。

結局、私は靴下を脱いで、濡れたサンダルを履きました。
そうしてみると案外、足は少しも冷たくなかったのでした。
春なんですね。

裏からの雪景色も清々しくて、がんばった私へのごほうびかな。

私の堕落はと言いますと、
そのあとすぐ靴下をはかないで、裸足でしばらく過ごすという形で現れておりました。

梅が枝に雪。


[2009/03/03 11:48] 日記 | トラックバック(-) | CM(2)

薪をくべる 

こんにちは
今日は曇り。

昨日は、娘のバレエの先生のお宅で、半日以上を過ごしました。
先生のお宅は、山の中にあります。
畜産試験場だったところを買い取って、バレエスタジオや登り窯、作業小屋など、アーティストキャンプのような感じのしつらえになっています。

建物の改造は手作り。
粗末な床板も、ところどころに絵が描いてある壁も、たぶん台所の流しも、手作り。
テーブルはあちこち置かれてて、椅子は寄せ集め。
ちょっと映画のセットみたいです。

いつもは市内のスタジオですが、今日は特別にお宅で練習があったので、
朝、車で娘を連れて行って、待って、夕方連れて帰るというのが私の仕事でした。
つまり、朝から夕方まで、待っていました。

お宅には暖炉があって、私は、暖炉に近くて、背中に陽のあたる、居心地のいいところに陣取って、持っていった娘の体操服袋の刺繍をしました。
寒い日でしたけど、すきま風なんてへっちゃら、暖炉はとても暖かいということがわかりました。

薪をくべて暖をとるというのは初体験でした。
薪は思った以上にすごい早さで燃えて、いつも気をつけていないと、すぐに火が小さくなって、寒くなってくるのでした。
薪を互い違いにしたりして、我ながら、結構上手に火を焚いていたと思います。

ついこの間まで、時間に追われていたせいか、
何時間もただ「待つ」ことに大きな抵抗があって、
往復して、少しでも家で仕事をしようかと、迷いながら出かけました。

でも、お宅に入ったとたん、
ここにいよう
と思ったのでした。

長い時間でしたが、時々暖炉の火を気にかけたりしながら、刺繍をして、ちょっと娘をのぞきに行ったり、ほかのお母さんとおしゃべりしたりで、案外退屈しないで過ごせました。

テリアとゴールデンの犬2匹は放し飼い。
ニワトリは小屋に。
猫はむき出しの梁を歩いてました。

私の毎日の生活も、結局、何かを薪として火にくべながら、
おしゃべりしたり、手仕事をしたりして過ごしているのでしょう。

帰りながら、長い距離を往復してまで、私がしようとしていた家での仕事は、
掃除や洗濯そのものではなく、家にいるという仕事だったのだと思いました。

車の後ろで、娘はすっかり眠りこんでいました。





[2009/03/02 13:43] 日記 | トラックバック(-) | CM(6)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。